リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

地方の習慣・しきたり担当研究員:岸本 武

「結納」について その2 ~手順や結納品、結納金~

第二回目では、結納のスタイル、簡略式の結納の手順、代表的な結納品の種類などについてお伝えします。
(レポート担当研究員:岸本 武)

【4】結納のスタイル

 結納のスタイルで伝統的なものは、仲人が双方の家を行き来して結納品を交換する
「往復型」と言われる関東式です。この場合を「結納を交わす」と言います。
一方、関西式の「片道型」は、男性だけが結納品を贈り、後日女性が「お袴料」を男性に納めるやりかたです。
この場合を「結納を納める」と言います。

 これらの伝統的なスタイルはいずれも仲人が双方の家を行き来する形式です。
最近では、仲人をたてるケースはほとんどないので、結納を行う場合は、双方の家で行うのではなく、
女性の家だけ、あるいは、ホテルやレストランなどに一同に会して行う簡略式が増えています。

【5】簡略式の結納の手順

 仲人を立てない簡略式の結納の手順ですが、当日は仲人の代わりに、男性側の父親が進行役を務め、
あいさつや口上は各々の父親が、結納品や受書を運ぶのは、各々の母親が務めるのが一般的です。

(1)全員着座し、「よろしくお願いします」とあいさつします。
(2)男性側の父親が始まりのあいさつをおこないます。
(3)男性の母親が女性に、結納品を運びます。
(4)女性側が本人、父親、母親の順に目録を改めます。
(5)女性の母親が男性側に受書を渡します。
(6)女性の母親が結納品を運び、男性が目録を確認します。
(7)男性の母親が結納品を飾り、受書を女性の前に運びます。
(8)締めのあいさつを最初に男性側の父親が行い、その後女性側の父親が返礼を述べます。

【6】結納品

 結納とは、本来、両家が新しく婚姻関係を結ぶために、共同で飲食する酒肴、
つまり、お酒のごちそうを意味しますが、そこへ、次第に花嫁の衣装や身のまわり品、
さらにお金が加わりました。

 その当時から変わって、現在は、関東の基本的な結納品でいうと、①目録、②長熨斗、
③金包、④末広、⑤友志良賀、⑥子生婦、⑦寿留女、⑧松魚節、⑨家内喜多留の9品目の
セットになります。

①目録(もくろく)
  ・・・結納品の内容が書かれたものです。
②長熨斗(ながのし)
  ・・・長寿や発展の象徴とされるのしあわびです。あわびの肉を干して長く伸ばしたものです。
③金包(きんぽう)
  ・・・結納金を包んだものです。
④末広(すえひろ)
  ・・・純白の扇子です。末広がりという縁起物と無垢の象徴となっています。
⑤友志良賀(ともしらが)
  ・・・白い麻糸です。夫婦が共に白髪になるまで、仲むつまじくという意味が込められています。
⑥子生婦(こんぶ)
  ・・・子宝に恵まれるようにという意味をあらわす「よろこぶ」の意味もあります。
⑦寿留女(するめ)
  ・・・するめののしたもので、幾久しく縁が続き、噛めば噛むほど味がでる夫婦であるようにという意味を表します。
⑧松魚節(かつおぶし)
  ・・・男性のたくましさを表します。
⑨家内喜多留(やなぎだる)
  ・・・「柳樽」とも書き、祝いの酒のことです。福がたくさん訪れるようにという意味が込められています。

「2つに別れない」ように、結納品の品目の数は、必ず奇数にし、両家の間で同じでなければなりません。
これらの結納品は関東式のオーソドックスな結納品セットで4~5万円でデパートや結婚式場で売っています。

 結納品の名称や種類は、「関東式」と「関西式」など、地方によって大きく異なります。
簡単に言えば関東式はシンプルで、関西式は豪華に行われる傾向にあります。
よって、結納を行う土地のしきたりに準じるのなら、結納品は現地で調達するのが無難です。
結納品の違いについては別途記します。

(樋口真理監修「これ1冊で結納と結婚のしきたりがわかる本」から一部引用)

【7】結納金と結納返し、婚約指輪

 結納金と結納返しは結納品の金包に相当します。結納金はもともと、「御帯料」として贈る
もので、本来は実際に帯などの現物を贈っていましたが、現代では、結婚の支度金として
贈るのが一般的になっています。

 結納金はだいたい本人の月給の2~3倍(ゼクシィ結婚トレンド調査2010によると
平均91.2万円)というのが目安となっています。

 最近の結納では、現金と婚約指輪を贈るケースが一般的で、指輪にかけた金額により、
結納金の金額も変動します。

 結納返しは、関東地方では、半返しです。関西では嫁入りの時に1/3程度を
おみやげとして持って行くのがならわしでした。現在では、初めから結納金を半額に
して半返しを省くというやり方もあります。

<続きます>

担当研究員
担当研究員岸本 武(キシモト タケシ)
研究・活動テーマ
研究レポートを「ブライダルの今と昔」などで公開