リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

【結婚総合意識調査2011】未婚者と既婚者でギャップがある結婚生活意識。ネガティブイメージが強い未婚者とポジティブな既婚者

結婚総合意識調査結婚観

◆株式会社リクルート(本社:東京都千代田区代表取締役社長兼CEO:柏木斉)が運営するブライダル総研では、結婚トレンドを予測するための基礎資料として、20代から40代の既婚者と未婚者および60代までの結婚式列席経験者計3588人を対象に、結婚に対する価値観をとらえる『結婚総合意識調査』を一部地域を除き全国で実施いたしました。ここに調査結果の要旨をご報告させていただきます。

~震災後の結婚生活意識~

【調査トピック】

<未婚者と既婚者の結婚生活意識の違い>
◆結婚によって「家族の絆が得られる」が震災後に尋ねた既婚者の結婚生活意識のトップ

結婚生活意識を示す17項目について、「結婚して、生活がどう変わると思うか?または変わったか?」を未婚者と既婚者
それぞれに尋ねたところ、既婚者では「家族としての絆が得られる」で「そう思う」割合が17項目中最も高く、男性が80.5%、
女性が88.0%だった。

 
◆未婚者と既婚者でギャップがある結婚生活意識。
 ネガティブイメージが強い未婚者とポジティブな既婚者


①未婚者と既婚者の結婚生活意識の最大の違いは、「(結婚したら)子育てに苦労する」で、
 男女とも未婚者が既婚者を大きく上回り、男性では30.5ポイント、女性では33.4ポイント差となった。
②男性では「生活が便利になる」(20.7ポイント差)、「仕事に打ち込める」(17.5ポイント差)で
 既婚者が未婚者を上回り、「親戚づきあいなどが増えて面倒だ」(19.2ポイント差)は未婚者が既婚者を上回った。
③女性では「自由な時間が増える」(20.4ポイント差)で既婚者が未婚者を上回り、「相手の親の面倒を
 みなくてはならない」(21.8ポイント差)、「親戚づきあいなどが増えて面倒だ」(20.3ポイント差)で
 未婚者が既婚者を上回った。

<「結婚」をあらわす漢字>
◆未婚者・既婚者ともに、結婚をあらわす漢字の1位は「絆」、2位は「幸」
 3位は既婚者が「安心」、未婚者が「愛」


結婚をあらわす漢字(1~2文字)を純粋想起で回答してもらったところ、既婚者・未婚者ともに1位が『絆』(既婚=193票、
未婚=151票)、2位が『幸』(既婚=119票、未婚=74票)だった。3位は既婚者が『安心』(59票)、未婚者が『愛』(70票)とな
り、“夫婦や家族のつながり”に対する意識の違いがみられた。

<震災後の結婚式招待客の意識>
◆震災後も結婚するカップルを応援したい招待客は8割以上。強い“絆”意識を再確認


震災から約2ヶ月経過した時点で、この時期に予定されている結婚式の実施や列席意向について、招待される側の考えを
尋ねたところ、“このような時期だからこそ、結婚式を肯定的にとらえる祝福意識”が強いことがわかった。

① 「震災を考慮し結婚式を控えるべきか」・・・「そう思わない」は81.4%
② 「近しいカップルから結婚式に招待されたら、喜んで出席する」・・・「そう思う」は86.9%
③ 「こんな時だからこそ、家族の絆や周囲とのつながりがより大切」・・・「そう思う」は84.8%


◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→http://bridal-souken.net/data/SG/msgi2011_release.pdf
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、“結婚総合意識調査2011 リクルートブライダル総研調べ”と明記いただけますようお願い申し上げます。また、ご使用に際してこちら「リクルート広報窓口」までご一報ください。

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。