リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

【第1回恋愛観調査】
好意をもった異性に対する積極的なアプローチが、恋人づくりの鍵

恋愛恋愛・婚活・結婚調査

◆株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:柏木 斉)が運営するブライダル総研では、結婚トレンドにかかわる基礎資料として、20代から30代の未婚者2000人を対象に『恋愛観調査(第1回)』を首都圏、東海 、関西の3地域で実施しました。ここに調査結果の要旨をご報告いたします。

<現在の恋人の有無>

◆恋人がいる未婚男性は約23%、未婚女性では約34%。
 
20代から30代の未婚の男女それぞれ1000人に、「現在恋人がいるかどうか」を尋ねたところ、男性では「いる」が23.3%、女性では34.2%だった。


<現在恋人がいる人の“恋愛生活観”>

◆「うれしい」「楽しい」だけでなく、「精神的安定」や「困難な時の支え」もある恋愛生活。

  20代から30代の現在恋人がいる未婚の男女に、「恋人がいれば生活がどのように変わるか」を尋ねたところ、 「そう思う」 割合(「ややそう思う」「非常にそう思う」の合計)が最も高かったのは、男女ともに「好きな人と一緒にいられてうれしい」(男性82.4%、女性96.5%)で、次いで「生活が楽しくなる」(男性79.0%、女性93.3%)、「精神的安定(安らぎ・寂しくないなど)が得られる」(男76.0%、女性87.4%)だった。

<恋人がいない人の「恋人が欲しい」願望>

◆「恋人が欲しい」人は約6割、「欲しくない」人は約2割。

 
現在、恋人のいない男女に「恋人が欲しいかどうか」を尋ねたところ、 「欲しい」割合 (「やや欲しい」「非常に欲しい」の合計) は男性で56.5%、女性では56.7%とほぼ同じ割合となった。また、「欲しくない」割合(「あまり欲しくない」「まったく欲しくない」の合計)は男性で20.5%、女性では19.6%といずれも約2割程度で「欲しい」人を大きく下回った。

<「恋人がいる人」と「(恋人がいなく)恋人が欲しい人」との行動の違い>

◆男性は「食事に誘うこと」「メールをすること」など一歩踏み出すアクションが恋人をつくる鍵。
 
異性に対する意識や行動を尋ね、「恋人がいる人」と「(恋人がいなく)恋人が欲しい人」の回答を比較した。男性でポイント差が大きかったものは順に「(好意をもった異性を)食事に誘うことができる」(18.8pt差)、次いで「(好意をもった異性)にメールをすることができる」(18.3pt差)、「(好意をもった異性に)電話をすることができる」(17.8pt差)と続く。

◆女性は「メールをすること」「電話をすること」など積極的なアプローチが恋人をつくるポイント。
  「恋人がいる人」の方が「恋人が欲しい人」よりも「異性を本気で好きになった経験」のある人が多い。


 
「恋人がいる人」の方が「恋人が欲しい人」よりも「異性を本気で好きになった経験」のある人が多い。
  異性に対する意識や行動を尋ね、「恋人がいる人」と「(恋人がいなく)恋人が欲しい人」の回答を比較した。女性でポイント差が大きかったものは順に「(好意をもった異性に)メールをすることができる」(14.8pt差)、次いで「今までに異性のことをどうしようもないくらい本気で好きになったことがある」(14.6pt差)、「(好意をもった異性に)電話をすることができる」(14.4pt差)、「異性が自分に好意をもっているかどうかがわかる」(13.9pt差)と続く。

◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→リリースデータをダウンロード
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「第1回恋愛観調査(リクルート ブライダル総研調べ)」と明記いただけますようお願い申し上げます。また、ご使用に際してこちら「リクルート広報窓口」までご一報ください。

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。