リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

未婚者の過半数が「異性との出会いがない」。

恋愛

株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するブライダル総研では、20代~40代の未婚男女2478人に『異性との出会いの有無に関するアンケート』を実施しましたので、その結果をご報告いたします。

① 「異性との出会いがない」と思う未婚者は、男女ともに過半数。

20代~40代の未婚の男女2,478人に、“異性との出会いがあるか”を聞いたところ、男性では「出会いがある」が16.6%、「出会いがない」が55.7%でした(「どちらとも言えない」は男性27.8%)。一方、女性は「出会いがある」が19.7%、「出会いがない」57.6%でした(「どちらとも言えない」は女性22.7%) 。男女ともに過半数が「異性との出会いがない」と思っているようです。

120926_1


② 出会いがある人とない人との違い。


◆「異性との出会いがある」人のほうが恋人がいる割合が高い。

“異性との出会いの有無”と“恋人の有無”の関係性を見てみました。
男女ともに「出会いがない」→「どちらとも言えない」→「出会いがある」の順番に「恋人がいる」人の割合が高くなっています。

120926_2

◆恋人との出会いのきっかけ、「異性との出会いがない」と答えた人は「同じ会社や職場」、「異性との出会いがある」と答えた人では「趣味・習い事を通じて」が多い。

恋人が欲しい人から「出会いがない」という言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。
それでは「出会い」はどこにあるのでしょうか。
現在、恋人がいる人の恋人と出会ったきっかけを、“異性との出会いの有無”別にみてみました。

恋人がいる人のうち、異性との「出会いがない」と答えた人では、恋人との出会いのきっかけで「同じ会社や職場」だった人の割合が29.6%で最も高く、「出会いがある」人(20.8%)より8.8pt高くなっています。
また「出会いがある」と答えた人では「同じ会社や職場」だった人の割合が最も高いものの、「サークルや趣味・習い事の活動を通じて」「友人の紹介」がともに18.6%で2番めに高く、「出会いがなかった」人との差もそれぞれ8.4pt、4.5ptと多くなっています。
職場や身近なところに「異性との出会いがない」と思う人は、趣味の活動をしたり、習い事を始めてみるのもよさそうです。

120926_3

◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→soukenRN_120926.pdfをダウンロード 
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「リクルート ブライダル総研調べ」と明記いただけますようお願い申し上げます。また、ご使用に際してこちら「リクルート広報窓口」までご一報ください

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。