リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

夫婦になったら、携帯電話の変更をする?

新生活新生活準備調査

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚優)が運営する調査・研究組織のブライダル総研より、『ゼクシィ新生活調査2012』から見えてきた分析をお伝えいたします。

①新婚夫婦でキャリア(通信会社)を揃える人は減少傾向。

『ゼクシィ新生活準備調査2012』にて、2011年4月~2012年3月までに結婚した、もしくは結婚予定のあった
首都圏、東海、関西の人に、新生活を始める前の夫婦の携帯電話の所有状況を尋ねたところ、
「夫・妻ともに同じキャリア(通信会社)の携帯電話をもっていた」人が62.6%、
「夫と妻で異なるキャリア(通信会社)の携帯電話を持っていた」人が34.6%でした。

 夫婦でキャリア(通信会社)が異なっていた人に対して、結婚を機にキャリアを揃えたかを聞いたところ、
「夫に揃えた」人は16.6%、「妻に揃えた」人は18.7%でした。

 「揃えていない」という人は、63.1%でした。 夫婦で異なるキャリアの携帯電話の人で、結婚を機に通信会社を揃えていないという回答がここ2年の間で10ポイント以上増え、
新たに夫婦になったカップルがキャリアを揃えることが、減少傾向であることが分かります。


 

②同キャリア内で、新婚夫婦の契約変更は4割以下。

同じキャリアの携帯電話を持っていた夫婦で、結婚を機とした携帯電話の契約変更状況を、
夫、妻のそれぞれに聞いたところ、「結婚を機に携帯電話の契約状況を変えていない」で、夫側は62.7%、
妻側は56.4%。契約変更した人は、夫側は33.1%、妻側は39.5%と4割以下という結果でした。

SNSでの連絡を取り合うことが増えていることや、キャリア(通信会社)を越えて適応される割引プランの登場などが、
原因なのかも知れません。

◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→SRN130710.pdfをダウンロード

◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「リクルート ブライダル総研調べ」と明記いただけますよう  お願い申し上げます。  また、ご使用に際してこちら「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。