リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

海外での挙式、参列者の旅費は、誰が負担する?

挙式海外ウエディング調査

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚優)が運営する調査・研究組織のブライダル総研より、『海外ウエディング調査2013』から見えてきた分析をお伝えいたします。

①約8割は参列者が有り、その参列人数は平均10.1人。

2人きり、カップルだけで挙式、といったイメージもある海外ウエディングですが、『海外ウエディング調査2013』で、
実際に海外での挙式を実施した人に、その式への参列者について聞いたところ、79.0%のカップルが、
「参列者があった」と回答しています。

また、その参列者の平均人数は「10.1人」で、2010年以降、増加傾向にあります。

参列者の内訳は、親が95.5%、兄弟・親戚が88.9%、友人が38.9%という結果で、家族以外で、友人を参列者を呼んでいる
カップルは、4割弱ということが分かります。

②参列者の旅費を全額負担したカップルは、約1割。

参列者の旅費について、全額負担したと回答した人は、12.0%と約1割に留まり、一部を負担した人が34.4%、
全く負担しなかった人が、52.7%でした。

海外ウエディングに参列する人は、家族が多く、参列する側が旅行費用などを負担しても
お祝いしたいという、カップルとかなり近しい関係である場合が多いようです。

◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→SRN131030.pdfをダウンロード

◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「リクルート ブライダル総研調べ」と明記いただけますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際してこちら「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

 

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。