リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

結婚式のご祝儀はいくら払う?
カップルが友人なら3.0万円、部下なら3.9万円、教え子なら3.7万円が平均。

披露宴結婚トレンド調査

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する調査・研究組織のブライダル総研より、トレンド調査2013に関する分析をお伝えいたします。

カップルが友人なら3.0万円、部下なら3.9万円、教え子なら3.7万円が平均。

結婚式へ招待頂いた時、ゲストが悩むことの1つが「ご祝儀の額」でしょう。
カップルとの関係性に合わせて、一般的にはいくらくらいのお祝いが普通なの?と、
受付で隣り合わせた他のゲストのご祝儀袋の中が、気になることがあるかも知れません。

そこで、2012年4月~2013年3月までの1年の間に首都圏エリアで、披露宴・披露パーティを
行ったカップルに、ゲストとの関係性別に、それぞれご祝儀をどのくらい頂いたのかを
教えてもらいました。

その結果、カップルの友人からは3.0万円、上司からは3.9万円、親戚からは6.5万円、
恩師からは3.7万円が平均のご祝儀額であることが分かりました。

調査では、上司からのご祝儀が「3~4万円」だった場合が54.7%、「5~10万円」だった場合が
33.4%となっており、友人からは、「3~4万円」が96.2%だったという結果とと比較しても、
それぞれの関係性に沿って、ご祝儀の額を変えているゲストが多い事が読み取れます。

ご祝儀額を各関係性別に経年で見ても、そのご祝儀額の平均が大きく変わることはなく、
さらに首都圏以外のエリア別に見ても、その金額に大きな差は見られません。

ご祝儀制での結婚式では、住んでいるエリアや景気の動きに影響されず、
全国のカップルは、お祝いを頂くことが出来ているようです。

ただ、ご祝儀の金額は、他のゲストと同じ額である必要はありません。
部下の結婚式に、10万円以上のご祝儀を出している上司も1.7%おり、カップルとの日頃の関係性に合わせて、
考えられるものでしょう。

結婚式への招待状が届いたら、カップルのことを想って、ご祝儀の額を決めて頂きたいものです。

 

 

◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→19SRN140416.pdfをダウンロード

◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「リクルート ブライダル総研調べ」と明記いただけますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際してこちら「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法については こちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルート 広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。