リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

恋人へのプレゼントの頻度は?
男性の10人に1人が「月1に回以上」恋人にプレゼントを贈る

恋愛恋愛・婚活・結婚調査

 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する調査・研究組織のブライダル総研より、恋愛観調査2014に関する分析をお伝えいたします。

◆男性の10に1人は「月に1以上」プレゼントを贈る

もうすぐバレンタインデー。日本では女性が好きな人に想いを伝える日として定着しています。
大切な人への定番のチョコレートなどプレゼントを考えている人も多いのではないでしょうか。

 今どきのカップルはどのくらいの頻度でプレゼントを贈っているのか『恋愛観調査2014』にて、20代~40代の結婚経験のない未婚者に「恋人へのプレゼント事情」について調査しました。

【恋人へのプレゼントを贈る頻度(現在恋人がいる人/男女別)】
(男性)
 3ヵ月に1回以上      32.1% (内訳:1回以上 11.2/ 2-3ヵ月に1回 20.9%)     
 4ヵ月~半年に1回以上    43.7% (内訳: 4-5ヵ月に1回 14.1% / 半年に1回 33.2% )
 年に1回~ほとんどない   20.6% (内訳:年に1回 13.1% / ほとんどない 7.5%)

(女性)
 3ヵ月に1回以上     22.0% (内訳:月に1回以上 4.5/ 2-3ヵ月に1回 17.5% )
 4ヵ月~半年に1回以上  51.0% (内訳:4-5ヵ月に1回 16.6% / 半年に1回 34.4%)
 年に1回~ほとんどない   26.9%   (内訳:年に1回16.9% / ほとんどない 10.1%)

 恋人へのプレゼントの頻度をみると、男女とも「4ヵ月~半年に1回」が最も多く、バレンタインデーをはじめ、誕生日やクリスマスといった特別な日にプレゼントを贈っているようです。
 また特筆すべきなのは、男性の約10人に1人が「月に1回以上」プレゼントを贈っているということ。女性の4.5%を上回っており、男性の方が頻繁にプレゼントを贈っていることがわかります。 

 では、プレゼントを「頻繁に贈る」人と「そうでない」人で違いはあるのでしょうか。

【恋愛に対する考え方(ややあてはまる・あてはまる計プレゼントを贈る頻度別)】
 「恋愛は心の支えである」 
   3ヵ月に1回以上 64.4% /  4ヵ月~半年に1回以上 63.3% / 年に1回~ほとんどない 52.1%
 ・「恋愛は常にしていたい」
   3ヵ月に1回以上 53.7% /  4ヵ月~半年に1回以上 46.4% / 年に1回~ほとんどない 41.8%
 「自分のことよりも、好きな人に心から尽くしたい」
   3ヵ月に1回以上 43.4% /  4ヵ月~半年に1回以上 38.2% / 年に1回~ほとんどない 34.4%
 「恋人とは常に連絡を取り合いたい」
   3ヵ月に1回以上 41.4% /  4ヵ月~半年に1回以上 39.2% / 年に1回~ほとんどない 32.5%
 

プレゼントを頻繁に贈る人とそうでない人では、恋愛に対する姿勢に違いがあることが分かりました。プレゼントを頻繁に贈る人ほど、恋愛に対して積極的であり、生活の中での優先順位が高いことがうかがえます。

また、プレゼントを頻繁に贈る人は「自分の気持ちや考えを素直に言う」傾向にあることから、頻繁に贈られるプレゼントは「恋人を喜ばせたい」という、大切な人を想う素直な気持ちの表れなのかもしれません。




◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→「恋人へのプレゼントの頻度は?(PDF)」をダウンロード
◆「リクルートブライダル総研 恋愛観調査2014」の詳細についてはこちらをご覧ください→ 「恋愛観調査2014」
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「リクルートブライダル総研 恋愛観調査2014調べ」と明記いただきますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際してこちら「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。