リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

新婚カップルのマネープランは?
「将来の備え」のために貯蓄するカップルが8割を超える

新生活新生活準備調査

 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が運営する調査・研究組織のブライダル総研より、新生活準備調査2014に関する分析をお伝えいたします。

◆毎月定額貯蓄をする新婚カップルは約4

 新生活シーズンを迎えるにあたり、マネープランを再検討する方も多いのではないでしょうか。
『新生活準備調査2014』にて、2013年4月~2014年3月に結婚をした、または結婚予定のあった、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)、東海(愛知・岐阜・三重)、関西(大阪・兵庫・京都・奈良・滋賀・和歌山)のカップルに、マネープランについて調査しました。

【現在の貯蓄状況(全体/複数回答)】
・貯蓄している・計                     89.0%
(内訳) 
 毎月定額を貯蓄している                39.6%
 毎月しているが、額は決まっていない        32.7% 
 ボーナスや臨時収入から貯蓄している        19.0%
 毎月ではないが余裕があるときに貯蓄している  17.3%
・貯蓄していない                      7.0%       
・わからない                         2.8%
・無回答                            1.1% 

 
貯蓄の状況をみると、約9割が貯蓄をしており、毎月定額を貯蓄しているのは39.6%であることがわかりました。

◆「将来のための貯蓄」がここ6年で初めて8割を超える
では、新婚カップルの貯蓄の目的はどのようなものなのでしょうか。

【貯蓄を始めた目的 上位3項目(結婚を機に貯蓄を始めた人/複数回答)】
1位 将来の備えとして   81.0% 
 (09年73.6% /10年71.3% /11年77.0% /12年78.1% /13年76.7% /14年 81.0%)
2位 出産育児のため    41.2%
 (09年41.1%/10年41.0% /11年43.1% /12年42.9% /13年37.0% /14年 41.2%)
3位 住宅購入資金として  32.5%
 (09年37.7%/10年40.2% /11年38.0% /12年37.9% /13年32.7% /14年 32.5%)

 貯蓄の目的をみると、「将来の備えとして」が81.0%で最も高く、09年から比較すると7.4ポイント高いことがわかりました。
 特定の消費のためというより、将来の自分たちのために貯蓄をしている人が多いようです。
 長い不景気を経験してきた分、将来のために貯蓄を計画的に考える堅実なカップルの姿が浮かび上がってくるようです。


◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→「新婚カップルのマネープランは?(PDF)」をダウンロード
◆「リクルートブライダル総研 新生活準備調査2014」の詳細についてはこちらをご覧ください→ 「新生活準備調査2014」
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「リクルートブライダル総研 新生活準備調査2014調べ」と明記いただきますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際してこちら「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

最新記事
カテゴリで探す
ハネムーン(7)
ブライダルエステ(プレケア)(3)
プロポーズ(6)
二次会(4)
夫婦・結婚生活(20)
少子化に関するレポート(4)
恋愛(34)
披露宴(55)
挙式(56)
新生活(30)
結婚観(25)
結納・入籍(14)
調査で探す
婚姻組数予測
恋愛・婚活
結婚・結婚式
夫婦・家族
月別で探す
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。