リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

【ゼクシィ結婚トレンド調査2015】発表!

披露宴挙式結婚トレンド調査

◆挙式、披露宴・披露パーティの総額は352.7万円。消費税増税による予 算縮小へ...

◆挙式、披露宴・披露パーティの総額は352.7万円。消費税増税による予  算縮小への影響は軽微で、増税が総額を押し上げる要因に
◆「ベールダウン」の実施割合が61.0%で、挙式で実施する演出の1位に。  挙式でも親やゲストが参加する場面がますます増加している

<消費税の影響と挙式、披露宴・披露パーティに関する費用>
挙式、披露宴・披露パーティの総額は352.7万円。招待客1人あたりの費用は年々増加傾向に
 ✔ 挙式、披露宴・披露パーティ総額は352.7万円で、昨年の調査から19.0万円増加。消費税が8%になったことも、総額を押し上げる要因であると推定される。
 ✔ 披露宴・披露パーティの招待客人数は72.5人で、昨年の調査と同程度。
 ✔ 招待客1人あたりの費用は5.9万円で、年々増加傾向。

消費税増税による予算削減への影響において、「影響はなかった」人の割合が95.9%。増税による予算削減への影響は軽微
 
✔ 挙式、披露宴・披露パーティ実施者の消費税増税による予算削減への影響において、「影響はなかった」人の割合は95.9%で、「予算を減らした」人の割合は4.1%。

挙式、披露宴・披露パーティの費用に対するカップルの自己負担額は142.7万円
 ✔ ご祝儀総額は227.1万円で、昨年の調査と同程度。
 ✔ カップルの自己負担額は142.7万円で、昨年の調査から17.7万円増加。
 ✔ 挙式、披露宴・披露パーティ費用に対する親・親族からの援助があった人は71.3%で、昨年の調査から3.8ポイント増加。援助総額は162.4万円。

※「自己負担額」:各サンプルごとに「挙式、披露宴・披露パーティ総額(万円)」から「ご祝儀総額(会費総額)(万円)」を引いて算出


<挙式演出の変化>
「ベールダウン」が61.0%で、挙式で実施する演出の1位に。「リングボーイ・フラワーガール」も2010年調査から増加し、挙式でも親やゲストが参加する場面がますます増加している
 
✔ 挙式で実施した演出において、「親からベールダウンをしてもらう」(2010年調査23.2%→2015年調査61.0%)が2010年調査から37.8ポイント増加し、「列席者の子どもにリングボーイ・フラワーガールなどを務めてもらう」 (2010年調査22.8%→2015年調査27.4%)が2010年調査から4.6ポイント増加。



◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→ 「ゼクシィ結婚トレンド調査2015」
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「ゼクシィ 結婚トレンド調査2015調べ」と明記いただきますよう お願い申し上げます。
◆また、ご使用に際してこちら「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

 

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

最新記事
カテゴリで探す
ハネムーン(7)
ブライダルエステ(プレケア)(3)
プロポーズ(6)
二次会(4)
夫婦・結婚生活(19)
少子化に関するレポート(2)
恋愛(34)
披露宴(50)
挙式(51)
新生活(30)
結婚観(24)
結納・入籍(13)
調査で探す
婚姻組数予測
恋愛・婚活
結婚・結婚式
夫婦・家族
月別で探す
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。