リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

【新生活準備調査2015】発表!

新生活新生活準備調査

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 山口 文洋)が運営するブライダル総研では、新婚カップルの新生活準備状況について詳細に把握するために、「新生活準備調査」を首都圏、東海、関西の3地域で実施しました。ここに、調査結果の要旨をご報告いたします。

新生活準備費用は76.5万円で、昨年の調査から1.6万円減少。
結婚後すぐに子どもが欲しい新婚カップルが増加。結婚当初から「出産・育児」など将来に備えた貯蓄優先型のマネープランに変化しつつある

<新生活準備のためにかかった費用>
新生活準備のためにかかった費用は76.5万円で、昨年の調査から1.6万円減少
✔ 新生活準備のためにかかった費用は76.5万円で、昨年の調査から1.6万円減少。
✔ インテリア・家具の購入にかかった費用は43.2万円で、昨年の調査から1.4万円減少。
✔ 家電製品の購入にかかった費用は36.7万円で、昨年の調査と同程度。


<新生活準備とライフスタイル>
結婚後1年以内に1人目の子どもが欲しい新婚カップルが増加。結婚当初から「家族が増える」ことを意識している
✔ 結婚を決めた理由において、「結婚する年齢になったから」(2011年調査27.8%⇒2015年調査37.4%)、「子どもなど家族が欲しかったから」(2011年調査32.2%⇒2015年調査44.1%)で、年々増加傾向。
✔ 将来の子どもの希望において、「子どもが欲しい」割合が94.6%で、ここ7年で最も高い。
✔ 「1人目の子どもが欲しい時期」において、「結婚1年以内」に欲しい割合が38.3%で、年々増加傾向(2009年調査23.1%⇒2015年調査38.3%)。

「将来への備えとして」・「出産・育児のため」の貯蓄や、毎月の貯蓄金額が増加。将来に向けた長期的な視点での貯蓄優先型のマネープランを立てている
✔ 現在の貯蓄の状況において、「毎月定額を貯蓄している」が46.7%で、ここ7年で最も高い。
✔ 1ヵ月あたりの貯蓄金額は8.9万円で、ここ7年で最も高い。
✔ 貯蓄を始めた目的において、「将来への備えとして」(2009年調査73.6%⇒2015年調査84.3%)、「出産・育児のため」(2009年調査41.1%⇒2015年調査45.4%)で、ここ7年で大きく増加。


<新生活準備における消費税増税の影響>

消費税増税が新生活準備のためにかかった費用に影響。「安価に抑えた」人の割合が増加
✔ 消費税増税の影響において、「増税前に購入(実施)した」人が33.0%、「安価に抑えた」人が20.9%。「安価に抑えた」人の割合が昨年の調査から16.9ポイント増加。
✔ 「安価に抑えた」人の新生活準備のためにかかった費用は72.6万円であり、そうでない人と比較し5.3万円低い。

<妻が理想とする将来のライフスタイルのバランス>
理想とする将来のライフスタイルのバランスにおいて、家庭にウエイトを置く妻が多い
✔ 妻が理想とする将来のライフスタイルのバランスは「仕事の割合:26.4%」、「家庭の割合:52.3%」、「自分の時間の割合:21.3%」。




◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→ 「新生活準備調査2015」
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「新生活準備調査2015(リクルートブライダル総研調べ)」と明記いただきますよう お願い申し上げます。
◆また、ご使用に際してこちら「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

 

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。