リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

『婚活実態調査2016』発表!

婚活実態調査恋愛披露宴挙式

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 山口 文洋)が運営するリクルートブライダル総研では、婚活の実態について詳細を把握するために、全国の20~49歳の男女を対象に「婚活実態調査2016」を実施しました。ここに、調査結果の要旨をご報告いたします。

『婚活サービス』は、今や結婚に向けた有効な手段に!

✔ 婚活サービスを通じて結婚した人の割合は年々増加。2015年に結婚した人のうち8.3%が
  婚活サービスで相手を見つけている
2015年の婚姻者において、「結婚相談所」「婚活サイト・アプリ」「婚活パーティ・イベントに参
  加」は「SNSのコミュニティに参加」「合コンに参加」よりも結婚できた割合が高い
✔ 恋愛もしくは結婚意向がある恋人のいない独身者は、約4人に1人が婚活サービスの利用意
  向がある



<婚活サービス利用状況>
婚活サービスを通じて結婚した人の割合は年々増加。2015年に結婚した人のうち8.3%が、婚活サービスで相手を見つけている
婚姻年別婚活サービスによって結婚した人の割合
● 既婚者ベース:4.7%(2013年)→6.7%(2014年)→8.3%(2015年)
● 婚活サービスを利用した既婚者ベース:20.8%(2013年)→23.8%(2014年)→27.6%(2015年)

2015年の婚姻者において、「結婚相談所」「婚活サイト・アプリ」 「婚活パーティ・イベントに参加」は「SNSのコミュニティに参加」「合コンに参加」よりも結婚できた割合が高い
2015年に結婚した人を対象に、実施(利用)経験のある婚活を通じて結婚できた割合をみると、 「知人に紹介を依頼」 「結婚相談所」「婚活サイト・アプリ」 「婚活パーティ・イベントに参加」「フェイスブックなどのSNSで興味のあるコミュニティに参加」「合コンに参加」と続く。

恋愛もしくは結婚意向がある恋人のいない独身者は、約4人に1人が婚活サービスの利用意向があり、約6人に1人が利用経験がある
● 婚活サービスの利用意向:25.3%/婚活サービスの利用経験(現在利用含む):17.5%
● 各婚活サービス利用経験(現在利用含む):「結婚相談所」:5.4%、「婚活サイト・アプリ」:5.6%、「恋活サイト・アプリ」:6.7%、「婚活パーティ・イベント」:9.4%

<各サービスの併用状況>
婚活サービスの併用率は約6割。併用していない人より併用している人の方が恋人ができた割合が高い
● 各婚活サービスの併用率:59.3%
●併用経験あり・恋人ができた:32.4%/併用経験なし・恋人ができた:24.9%

各サービスごとに利用頻度の分布は異なる
各婚活サービスの利用頻度について、最も頻度が高い割合は異なる
「恋活サイト・アプリ」:毎日、「婚活サイト・アプリ」:週に1~2日、「結婚相談所」:月に2~3日、「婚活パーティ・イベント」:月に1日

<利用のきっかけ>
婚活サービスを利用するきっかけは「新しい出会いが難しい状況」に加え「周囲の動向」が影響している
婚活サービスの利用のきっかけ(割合が高い順):「一生独身の可能性に不安を感じるようになったとき」「自然な出会いでは難しいと思ったとき」「恋人と別れたとき」「自分が結婚適齢期と考える年齢を迎えたとき」「友人・知人の結婚を知ったとき」「友人・知人に恋人ができたとき」


◆「婚活実態調査」のリリースはこちらを御覧ください⇒「婚活実態調査2016リリース
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「婚活実態調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」と明記いただきますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください



データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。