リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

恋人に求める条件は優先度をつけて限定したほうがいい?
現在の恋人が兼ね備えている条件は、自身が求める条件よりもかなり少ない

恋愛恋愛・婚活・結婚調査自律的出会いの提言レポート

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 山口 文洋)が運営する調査・研究組織のブライダル総研より、「恋愛・結婚調査2017」に関する分析をお伝えします。

恋人に求める条件は「容姿」よりも「人柄」「性格の合致」が高い
 20~40代の未婚者は、恋人にどのような条件を求めているのでしょうか。「恋愛・結婚調査2017」にて、20~40代未婚者に対し、「恋人に求める条件」について調査しました。

【恋人に求める条件上位5項目(20~40代未婚者/複数回答)】
 1位:人柄の良さ    :80.4%
 2位:性格が合うこと  :65.0%
 3位:容姿       :48.7%
 4位:あなたに対する愛情:43.5%
 5位:金銭感覚が合うこと:36.3%

 恋人に求める条件をみると、1位、2位は「人柄」「性格の合致」など、人となりや考え方などの「中身」を重視しており、3位の「容姿」よりも差があることが分かりました。恋人には、見た目よりも中身を重視する人が多いようです。

 



現在
の恋人が兼ね備えている条件は、自身が求める条件よりもかなり少ない
 さらに、現在恋人がいる人の「現在の恋人と条件の合致状況」について、調査しました。

【恋人の条件個数(20~40代の現在恋人がいる未婚者) 】
 <恋人に求める条件>
  全体:平均7.8個
  男性:平均5.7個
  女性:平均9.9個

 <現在の恋人が希望と合致している条件>
  全体:平均4.2個
  男性:平均3.0個
  女性:平均5.2個

 恋人に求める条件個数をみると、平均7.8個であることが分かりました。また、男女で見ると女性の方が条件設定が多いことがみてとれます。
一方で、現在の恋人が兼ね備えている希望の条件をみると、男女共に「恋人に求める条件」よりも少なく、約半数であることがみてとれます。
交際を決める際の条件の合致数は、希望よりもかなり少なくなるようです。

 始めから自分の条件に100%合致する人と交際することだけが幸せなのではなく、交際を始めてから、それまで知りえなかった、相手の良いポイントを見つけることで、幸福な恋人関係を作っていけるのかもしれません。


◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください⇒「恋人に求める条件は優先度をつけて限定したほうがいい?」
◆「自律的出会いの提言レポート」はこちらを御覧ください⇒ 「自律的出会いの提言レポート2017
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「恋愛・結婚調査2017(リクルートブライダル総研調べ)」と明記いただきますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

最新記事
カテゴリで探す
ハネムーン(7)
ブライダルエステ(プレケア)(3)
プロポーズ(6)
二次会(4)
夫婦・結婚生活(20)
少子化に関するレポート(4)
恋愛(39)
披露宴(56)
挙式(58)
新生活(30)
結婚観(26)
結納・入籍(13)
自律的出会いの提言レポート(6)
調査で探す
婚姻組数予測
恋愛・婚活
結婚・結婚式
夫婦・家族
月別で探す
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。