リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

気になる人ができたとき、どのようにアプローチする?
「恋人がいる人」ほど、積極的に気になる人にアプローチ

恋愛恋愛・婚活・結婚調査自律的出会いの提言レポート

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 山口 文洋)が運営する調査・研究組織のブライダル総研より、「恋愛・結婚調査2017」に関する分析をお伝えします。

「恋人がいる人」ほど、積極的にアプローチする
 気になる人・好きな人ができたときどのような行動をとるのでしょうか。20~40代の未婚者は、恋愛をどのようにとらえているのでしょうか。「恋愛・結婚調査2017」にて、20~40代未婚者に対し、「気になる人・好きな人ができた時の行動」について調査しました。

【気になる人・好きな人ができた時の行動上位3項目(20~40代未婚者/複数回答)】
<男性>
 1話しかけようとする・・52.0%
  「恋人がいる人」66.8%
  「恋人がいない(交際経験がある)人」61.0%
  「恋人がいない(交際経験がない)人」30.6%

 2メールやSNSでメッセージを送る・・・30.8%
  「恋人がいる人」 43.8%
  「恋人がいない(交際経験がある)人」 35.7%
  「恋人がいない(交際経験がない)人」 15.4%

 3連絡先を聞く・・28.3%
  「恋人がいる人」 39.5%
  「恋人がいない(交際経験がある)人」 34.1%
  「恋人がいない(交際経験がない)人」 13.3%

<女性>
 1話しかけようとする・・51.5%
  「恋人がいる人」 61.0%
  「恋人がいない(交際経験がある)人」 54.2%
  「恋人がいない(交際経験がない)人」 31.4%

 2メールやSNSでメッセージを送る・・33.6%
  「恋人がいる人」 44.6%
  「恋人がいない(交際経験がある)人」 33.2%
  「恋人がいない(交際経験がない)人」 16.7%

 3相手からの行動を待つ・・31.1%
  「恋人がいる人」 33.3% 
  「恋人がいない(交際経験がある)人」 34.4%
   「恋人がいない(交際経験がない)人」 21.5 %

 恋人の有無別にみると男女とも恋人がいる人ほど、積極的にアプローチし、コミュニケーションをとっていることがわかります。  また、『相手からの行動を待つ』が上位にある女性は男性に比べ「受け身」であることがみてとれます。


年代
で異なるアプローチ方法
さらに、女性に比べ積極的な男性のアプローチ手法を年代別に分析しました。

【気になる人・好きな人ができた時の行動4項目(20~40代男性/複数回答)】
・話しかけようとする            :20代 49.5%/30代 53.4%/40代 55.0%
・連絡先を聞く               :20代 27.2%/30代 31.5%/40代 26.7%
・メールやSNS(LINE)などでメッセージを送る:20代 34.7%/30代 30.9%/40代 22.9%
・電話をする                 :20代 10.2%/30代 11.6%/40代 13.6%

 年代別にアプローチ方法をみると、20代は「メールやSNS(LINE)などでメッセージを送る」といった、オンラインのアプローチ方法が他の年代よりも高く、一方で、「話しかけようとする」「電話をする」など、オフラインでのアプローチは40代の方が高いことが分かりました。

 年代によって、気になる人へのアプローチ方法は異なるようです。


◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください⇒「気になる人ができたとき、どのようにアプローチする?」
◆「自律的出会いの提言レポート」はこちらを御覧ください⇒ 「自律的出会いの提言レポート2017
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「恋愛・結婚調査2017(リクルートブライダル総研調べ)」と明記いただきますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。