リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

婚活で成功する秘訣とは?
「行動力」「前向きな姿勢」「視野の拡大」を意識的に行うことが婚活の成功ポイント

婚活実態調査恋愛

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都品川区 代表取締役社長 山口 文洋)が運営するリクルートブライダル総研では、婚活の実態について詳細を 把握するために、「婚活実態調査2018」を実施しました。ここに、調査結果の要旨をご報告いたします。

「行動力」「前向きな姿勢」「視野の拡大」を意識的に行うことが婚活の成功ポイント 
 2017年に結婚した人のうち、婚活サービスを通じて結婚した割合は1割を超え、婚活サービスは少しずつ出会いの手段として定着しつつあります。婚活サービスを通じて、恋人や結婚相手に出会うことができた人はどのように婚活に取り組んでいるのでしょうか。20代~40代の独身者に、「婚活サービスを利用時の行動」について調査しました。

【婚活サービスを利用する際に、変わろうと意識して行動したこと_成功者が高い上位10項目抜粋(20~40代の恋愛または結婚意向のある独身者)】
1位:出来る限りすぐに行動するようにした                    婚活成功者(※):62.2%/非成功者:44.5% (ギャップ:17.7pt)
2位:人生に対して前向きに考えるようにした                   婚活成功者:57.6%/非成功者:40.0% (ギャップ:17.6pt)
3位:外出する機会を多くつくるようにした                    婚活成功者:64.7%/非成功者:47.6% (ギャップ:17.1pt)
4位:規則正しい生活をするようにした                      婚活成功者:45.0%/非成功者:29.4% (ギャップ:15.6pt)
5位:飲食店や洋服屋さん、デートスポットなど、色々なスポットを調べるようにした 婚活成功者:54.8%/非成功者:39.4% (ギャップ:15.4pt)
6位:何事にも積極的に取り組むようにした                    婚活成功者:56.3%/非成功者:42.6% (ギャップ:13.7pt)
7位:何かしら興味・関心の幅が広がるようにした                 婚活成功者:57.8%/非成功者:45.6% (ギャップ:12.2pt)
8位:人見知りを克服するようにした                       婚活成功者:50.4%/非成功者:38.7% (ギャップ:11.8pt)
9位:自分の内面を磨く努力をした                        婚活成功者:57.5%/非成功者:46.0% (ギャップ:11.4pt)
10位:人の良い面(長所)を理解するようにした                  婚活成功者:60.8%/非成功者:49.5% (ギャップ:11.3pt)

※成功者=婚活サービスを通じて「恋人ができた」「婚約した」人

 婚活サービスでの成功状況別に「婚活サービスを利用する際に、変わろうとして意識して行動したこと」をみると、「成功者」は、聴取した26項目中すべてで、「非成功者」を上回る結果となりました。
特に差が大きい項目をみると、「すぐに行動する」「積極的に取り組む」という「行動力」をはじめ、「人生に対して前向きになる」「相手の良い面を理解する」という「前向きな姿勢」、「外出の機会創出」「色々なスポットを調べる」「興味・関心の幅を広がるようにする」という「視野の拡大」に関する項目が上位を占めていることが分かりました。

 なんとなく婚活サービスを登録するだけでなく、自分の姿勢の見直しや、様々なことに興味を持ち、視野を広げるなど、少し意識して自分を変えてみることが、婚活での成功につながるポイントだと言えます。




◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください⇒「婚活で成功する秘訣とは?」
◆「婚活実態調査2018」はこちらを御覧ください⇒ 「婚活実態調査2018
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「婚活実態調査2018(リクルートブライダル総研調べ)」と明記いただきますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。