リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

アーカイブ

夫婦関係調査

【夫婦関係調査2017】発表!

◇既婚者の約7割は夫婦関係に満足。一方で、30代妻の満足している割合は大幅に減少。特に、小学生以下の子どもがいる妻といない妻では満足者の減少幅に違い◇小学生以下の子どもがいる妻は家事負担比率の理想と現...
婚活実態調査結婚観

【婚活実態調査2017】発表!

2016年に結婚した人の11.3%が婚活サービス(※)で結婚婚活サービスを使った結婚が広がりつつある・2016年に結婚した人の11.3%は婚活サービスで相手を見つけており、年々増加傾向。それを婚活サー...
披露宴挙式結婚トレンド調査

73.5%がブライダルフェアを体験。2013年調査から増加。ブライダルフェアに参加する人は「サービスの質」を重視している

◆ブライダルフェアの訪問割合は73.5%。2013年調査から増加傾向 結婚式における情報収集の場の一つとして、「ブライダルフェア」がありますが、どのくらいの人がブライダルフェアを利用し、どのようなこと...
少子化に関するレポート結婚総合意識調査

子どもを持つ意欲と職場環境の関係は?男性は「仕事以外の時間確保のしやすさ」、女性は「制度利用のしやすさ」がポイント

◆子どもを持つ意欲がある人は「仕事以外の時間確保」や「制度利用」がしやすい職場環境である割合が高い「少子化に関する調査」にて、20~30代の子どものいない既婚者に対し、子どもを持つことの意欲と職場の環...
少子化に関するレポート

2人目の子どもが欲しい人とそうでない人の違いは?2人目の子どもを持つ意欲は、男性は「配偶者に関する不安」、女性は「子どもに関する不安」の有無と関係する

◆子どもが1人いる人の2人目を持ちたい意欲は65%。意欲が無い理由は「現状の満足感」が最も高い 「少子化に関する調査2016」によると、20代~30代の夫婦の一人っ子(1人目を妊娠中を含む)の割合は4...
少子化に関するレポート

子どもを持つ意欲は学生の時の経験で決まる?子どもが欲しい人は学生の時にライフプランの検討や子どもと触れ合った経験がある割合が高い

◆未婚者の8割以上は子どもを持つ意欲がある 少子化に関する調査にて、20~40代の未婚者に対し、子どもを持つ意欲や学生時代の経験について調査しました。【将来の子どもを持つ意欲(20代~40代未婚者)】...

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。