リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

別撮り撮影が人気上昇中!45.7%のカップルが実施し、ここ7年で最高に 結婚トレンド調査

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 冨塚 優)が企画運営する結婚情報誌『ゼクシィ』では、新婚カップルの結婚スタイルについて詳細に把握するために、毎年「結婚トレンド調査」を実施しています。1994年に首都圏で開始した調査は、年々調査地域を拡大し、現在では北海道、青森・秋田・岩手、宮城・山形、福島、茨城・栃木・群馬、首都圏、新潟、長野・山梨、富山・石川・福井、静岡、東海、関西、岡山・広島・山口・鳥取・島根、四国、九州の15地域による全国規模の調査を実施しています。ここに、調査結果の要旨をご報告いたします。

45.7%が別撮りスタジオまたはロケーション撮影を実施。年々増加傾向に
 結婚式の記念撮影は幸せな時間を記録するために欠かせないもの。実際に94.2%のカップルが当日のスナップ撮影を実施しており、結婚式の定番といえます。さらに近年、当日の写真に加え、結婚式当日とは別に、「別撮り撮影」の人気が高まってきていることが分かりました。

 『結婚トレンド調査2014』にて、2013年4月~2014年3月の間に結婚をした首都圏のカップルに、「別撮りのスタジオ・ロケーション撮影」の実施実態について調査しました。

【別撮りのスタジオまたは、ロケーション撮影の実施状況(全体/単一回答)】
 「実施した」:45.7%
 (08年 25.7% / 09年 31.9% / 10年 33.4% / 11年 37.7% / 12年 43.7% / 13年 43.4% / 14年 45.7%)

 「別撮りのスタジオ・ロケーション撮影を実施した」カップルは、08年は25.7%でしたが、14年は45.7%と、ここ7年で20.0ポイント増加し、最も高くなっています。


◆別撮り撮影では「和装」が人気
 
ではなぜ、「別撮り」の人気が高まっているのでしょうか。「別撮り」実施者に対し、実施理由を調査しました。

 【別撮りのスタジオまたはロケーション撮影をした理由 上位3項目(実施者/複数回答)】
  1位:当日と違う衣裳が着られる       62.5%(08年 37.4%:25.1ポイント増加)
  2位:和装で撮りたかった          56.5%(08年 45.9%:10.6ポイント増加)
  3位:当日ウェルカムボードとして使うため  36.4%(11年 29.8%:6.6ポイント増加)

 【別撮りのスタジオ撮影時の新婦の衣裳 上位3項目(実施者/複数回答)】
  1位:色打ち掛け       61.3%
  2位:白無垢         46.1%
  3位:ウエディングドレス   27.2%

 【別撮りのロケーション撮影時の新婦の衣裳 上位3項目(実施者/複数回答)】
  1位:色打ち掛け       61.1%
  2位:白無垢         37.4%
  3位:ウエディングドレス   36.3%

 別撮り撮影実施理由は、「当日と違う衣裳が着られる」が62.5%で最も高く、憧れの衣裳をもう1つ着られることが魅力のようです。
 また、実施理由は「和装で撮りたかった」が56.5%が続いて高く、別撮りのスタジオ撮影、ロケーション撮影での衣裳をみると、それぞれ「色打ち掛け」が6割を超えていることから、特に「和装」での別撮り撮影の人気が高いことがみてとれます。

 洋装、和装両方の晴れ姿を残したいという、花嫁の気持ちの表れかもしれません。



◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→「別撮り撮影が人気上昇中(PDF)」をダウンロード
◆「ゼクシィ結婚トレンド調査2014」の詳細についてはこちらをご覧ください→ 「ゼクシィ結婚トレンド調査2014」
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「ゼクシィ 結婚トレンド調査2014調べ」と明記いただきますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際してこちら「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。