リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

最新のリサーチニュース

NEW

住居の購入予定はいつ?
結婚3年以内に新居を購入予定のカップルが増加し、5割に迫る。ここ7年で最も高い。

新生活新生活準備調査

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 山口 文洋)が運営するブライダル総研では、新婚カップルの新生活準備状況について詳細に把握するために、「新生活準備調査」を首都圏、東海、関西の3地域で実施しました。ここに、調査結果の要旨をご報告いたします。

◆結婚3年以内に新居を購入予定のカップルが増加し、5割に迫る。ここ7年で最も高い

 新婚カップルの7割以上は新居を賃貸していますが、住居を購入するのはいつ頃を予定しているのでしょうか。
 2015年4月~2016年3月に結婚をしたカップルに、「住居の購入予定時期」について調査しました。

【住居の購入予定時期(住居購入予定者/単一回答)】
 ・結婚後3年以内   :49.6%(10年 36.6%: 13.0ポイント増加)
 ・結婚後3年~5年以内 :21.5%(10年 27.9%:6.4ポイント減少)
 ・結婚後5年~10年以内:22.7%(10年 24.3%:1.6ポイント減少)
 ・結婚後10年以上先   :4.6%  (10年 10.0%:5.4ポイント減少) 
 ※無回答を非掲載のため合計が100%にならない

 新婚カップルの今後の住居の購入予定時期をみると、「結婚後3年以内」が最も高く、その割合は2010年調査から13ポイント増加。ここ7年で最も高い結果となりました。新婚カップルが住居の購入予定時期が早まりつつあるようです。



◆「結婚前同居」カップルが増加。「結婚前同居」カップルは、住居の購入予定時期が早い傾向


では、住居の購入予定時期が変化している背景には何があるのでしょうか。

【一緒に住み始めたタイミング(親と別居している人/単一回答)】
 ・結婚が決まった後から一緒に住み始めた(結婚後同居):63.3%(10年 71.5%)
 ・結婚が決まる前から一緒に住んでいる(結婚前同居) :32.2%(10年 23.3%)
 ※無回答を非掲載のため合計が100%にならない

【一緒に住み始めたタイミング別の住居の購入時予定時期)】
 ・結婚が決まった後から一緒に住み始めた(結婚後同居):
  3年以内 47.0%/3年~5年以内 24.1%/5年~10年以内 22.8%/10年以上先 4.0%

 ・結婚が決まる前から一緒に住んでいる(結婚前同居) :
  3年以内 56.6%/3年~5年以内 11.9%/5年~10年以内 24.9%/10年以上先 6.5% 

※無回答を非掲載のため合計が100%にならない

 結婚前から一緒に住んでいる「結婚前同居」カップルは32.2%で、2010年調査から8.9ポイント増加し、ここ7年で最も高い結果となりました。
 加えて、カップルが一緒に住み始めたタイミング別に住居の購入予定時期をみると、「結婚前同居」カップルは、「結婚後同居」カップルにくらべ、「3年以内」が購入予定である割合が高いことがみてとれます。
 「結婚前同居」カップルが増加していることが、新居の購入予定時期が早くなっていることに関係している可能性があると考えられます。
 

 「結婚前同居」カップルは、子どもを持つことを想定して結婚する割合が高いなど、結婚前から明確なライフスタイルを想定している可能性があるため、住居の購入予定も「結婚後同居」カップルよりも早いのかもしれません。



◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください⇒「住居の購入予定はいつ?」
◆「新生活準備調査」のリリース・報告書はこちらを御覧ください⇒「新生活準備調査
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「新生活準備調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」と明記いただきますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法については こちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルート 広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。