リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

最新のリサーチニュース

NEW

『結婚トレンド調査2017』リリース発表!

披露宴挙式結婚トレンド調査

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 山口文洋)が企画運営する結婚情報誌『ゼクシィ』では、新婚カップルの結婚スタイルについて詳細に把握するために、毎年「結婚トレンド調査」を実施しています。1994年に首都圏で開始した調査は、年々調査地域を拡大し、現在では北海道、青森・秋田・岩手、宮城・山形、福島、茨城・栃木・群馬、首都圏、新潟、長野・山梨、富山・石川・福井、静岡、東海、関西、岡山・広島・山口・鳥取・島根、四国、九州の15地域による全国規模の調査を実施しています。ここに、調査結果の要旨をご報告いたします。

◇挙式、披露宴・披露パーティ総額は354.8万円
◇「おもてなし」の方法に変化の兆し。挙式や披露宴・披露パーティでの演出は、招待客を無理に巻き込まず、みんなが自然体で楽しめるスタイルへ

<挙式、披露宴・披露パーティに関する費用>
挙式、披露宴・披露パーティ総額は354.8万円で、昨年の調査から減少したものの、一昨年の調査と同程度。招待客1人あたりの挙式、披露宴・披露パーティ費用は増加傾向
✔挙式、披露宴・披露パーティ総額は354.8万円で、昨年の調査から減少したものの、一昨年の調査と同程度。
✔披露宴・披露パーティの招待客人数は70.2人で、減少傾向。
✔招待客1人あたりの挙式、披露宴・披露パーティ費用は6.4万円で、増加傾向。
✔招待客1人あたりの料理+飲み物費用の合計は1万8500円で、増加傾向。


<挙式、披露宴・披露パーティの演出>
挙式、披露宴・披露パーティでは、「退屈させない」「感動させる」「自分らしさを表現する」などが減少し、押し付けのない時間を招待客と共有したい気持ちに変化しつつある
✔挙式、披露宴・披露パーティの演出を決定する際に心がけたことにおいて、 2012年調査から減少した上位3項目は、「列席者を退屈させないこと」(-11.2ポイント)、「感動的な挙式、披露宴・披露パーティにすること」(-9.7ポイント)、「自分らしさを表現できること」(-3.8ポイント)。


挙式では、「ベールダウン」など、引き続き、親や列席者とのつながりを表現する演出が人気。一方で、「ブーケトス」など列席者を巻き込んだり、場をカジュアルにする演出は減少。より挙式をセレモニー性の高いものとして実施する傾向

✔挙式に関して実施した演出の上位5項目は、「親からベールダウンをしてもらう」「フラワーシャワー、ライスシャワー」「ブーケトス、ブーケプルズ」「挙式時の音楽・BGMを自分たちで選ぶ」「列席者の子どもにリングボーイ・フラワーガールなどを務めてもらう」。
✔挙式に関して実施した演出の上位5項目のうち、2012年調査から増加した演出は、「親からベールダウンをしてもらう」「列席者の子どもにリングボーイ・フラワーガールなどを務めてもらう」。一方、減少した演出は、「挙式時の音楽・BGMを自分たちで選ぶ」「ブーケトス、ブーケプルズ」「フラワーシャワー、ライスシャワー」。

披露宴では、「BGM」や「花以外を使った装飾」など、招待客が過ごす「空間づくり」に関わる演出が増加

✔披露宴・披露パーティに関して実施した演出において、2012年調査から増加した演出の上位3項目は、「風船など花以外のものも使って会場を飾りつける」「テーブルごとに写真撮影」「BGMのジャンルを問わず好きな曲で選ぶ」。





◆「ゼクシィ結婚トレンド調査」のリリース・報告書はこちらを御覧ください⇒ 「結婚トレンド調査2017
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「ゼクシィ結婚トレンド調査2017」と明記いただきますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。