リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

リクルート ブライダル総研の活動について

「リクルート ブライダル総研」は、結婚情報誌「ゼクシィ」を企画運営する株式会社リクルートマーケティングパートナーズにおける調査・研究機関です。結婚や結婚式に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展に貢献することを目的として活動しています。

<主な活動>
  • 結婚や結婚式、ブライダルマーケットに関する各種調査の実施や社外に向けての情報発信
  • 未来のマーケット発展・創造に繋がる各種活動

所長ご挨拶

結婚式をもっと素敵に、結婚式がさらに大事に

ブライダル総研は2004年秋より活動を開始し、ゼクシィトレンド調査等の活動を通じて、ブライダルマーケットやプレカスタマーの現在を、研究・発信して参りました。

時あたかも変革の時代と称される中にあって、ブライダルマーケットも変わり続けています。そのような時代の中、ブライダル総研では「マーケットの拡大」「ブライダルに携わる方々への貢献」をミッションとして、さまざまな研究・活動を通じ、様々な情報を発信していきたいと考えております。
ブライダル関係者の方々をはじめとする多くの方々のお役に立てますよう、今後も活動の充実に努めて参る所存です。ご指導・ご支援のほどよろしくお願いいたします。

リクルート ブライダル総研 所長鈴木 直樹(スズキ ナオキ)

経歴
東京都出身。1991年株式会社リクルート入社
1998年「ゼクシィなび」サービス立上げに携わり、その後10年に渡りサービス全国展開を担当。その後ゼクシィ東日本エリア営業責任者を経て、 2010年4月より「ブライダル総研」初代所長に就任。
2013年10月よりゼクシィ関西・東海エリア営業責任者を経て、再び2015年4月より「ブライダル総研」所長に就任。

ブライダル総研のメンバー紹介

もっともっと幸せな結婚を世の中にあふれさせたい

結婚に対する考え・価値観が多様化する現在でも、
結婚の普遍的な概念である「幸せ」を生み出すことに貢献したいです。

研究員岸本 武(キシモト タケシ)
兵庫県出身、1992年株式会社リクルート入社。
FAXネットワーク技術部、社内のIT基盤企画等を担当。その間、10億円以上のITインフラのリニュアルプロジェクトを2回経験。05年10月に進学情報ディビジョンに異動、07年にブライダルカンパニーへの異動を経て、現職。

誰かと生きることの意味を伝えたい

結婚や結婚式は、多くの感情を誰かと共有する時間。
そんな時間があふれる世の中にしていきたい。

研究員落合 歩(オチアイ アユム)
東京都出身、2007年株式会社リクルート中途入社。
化粧品メーカーのマーケティングや宣伝部を経て中途入社。マーケティング局宣伝企画グループ、コーポレートコミュニケーション室を経て2011年より現職。テレビ、新聞、雑誌などの取材や寄稿、講演多数。

毎日の中で家族の笑顔を増やしたい

結婚式当日はもちろんのこと、結婚から始まる家族の日常の笑顔も増やしたい。
笑顔の人と機会を増やす取り組みをしたいと思ってます。

研究員中山 裕子(ナカヤマ ヒロコ)
千葉県出身。
公共系財団での勤務を経て、2007年株式会社リクルート入社。
ブライダル総研にて主に調査を担当。地域振興チーム、自動車総研を経て、二度目の産休を取得し復職。二人の男の子の母。

社会の変化に沿った「未来の結婚式」を考える。

社会の中での「結婚式」の役割の変化を見逃さず、
多様化するカップルに寄り添って、共に未来の結婚式を考えていきたい。

研究員永田 千奈(ナガタ チナ)
鹿児島県出身。
商社勤務を経て2007年株式会社リクルート入社。
『ゼクシィ関西版』企画担当、『ゼクシィ』企画当確担当を経て、2013年より現職。
各種プロジェクトやGOOD WEDDING AWARDなどを担当。

幸せな選択をするカップルを増やしたい。

様々なライフイベントを調査・分析、情報発信をすることで、
1人ひとりにとっての幸せにつながる「ヒント」を提供したい。

研究員山岡 あやり(ヤマオカ アヤリ)
和歌山県出身、2013年株式会社リクルート入社。
金融機関リテール営業を約5年経験し、リクルート入社。
トレンド調査シリーズなどの各種調査を担当。
隔週で「総研リサーチニュース」を配信中。
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。