リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

婚活実態調査

2017年7月12日に、最新の調査結果をリリース!
そこから読み取れるマーケットやカスタマの変化について、担当研究員が解説します。

調査概要 全国の20~40代の男女に婚活サービスの利用実態や意識について調査しました。現在の婚活の概況、サービス利用、志向性などが把握できる調査です。
出典記入方法 「婚活実態調査2017(リクルートブライダル総研調べ)」と必ずご記入ください。

婚活サービスの利用状況

2016年に結婚した人の11.3%は婚活サービスで相手を見つけており、年々増加傾向。それを婚活サービス利用者に限ってみると39.4%になる。婚活サービスを使った結婚が広がりつつある

  • 婚活サービスによって結婚した人の割合(婚姻年別)
    • ・既婚者ベース:4.7%(2013年)→6.7%(2014年)→8.3%(2015年)→11.3%(2016年)
    • ・婚活サービスを利用した既婚者ベース:20.8% (2013年)→23.8%(2014年)→27.6%(2015年)→39.4%(2016年)
  • 広義の婚活実施(利用)者において、結婚に至った割合は、婚活サービスが上位となっている(「結婚相談所(2015年 17.0%→2016年 25.3%)」「恋活サイト・アプリ(同8.4%→20.5%)」「婚活パーティ・イベントに参加(同12.0%→18.7%)」「婚活サイト・アプリ(同15.1%→17.2%)」)。

周囲の婚活サービス利用状況と自身の婚活サービス利用経験

周囲に婚活サービスで成功した人がいる人は、いない人に比べ自身でも婚活サービスを利用したことがある割合が高い。周囲の婚活サービス利用状況と自身の利用経験は関係する

  • 周囲に婚活サービス利用経験者がいる人」の自身の婚活サービス利用経験割合は、「いない人」の割合の3.8倍(自身の利用経験割合:「利用経験者がいる人」 20.3%/「利用経験者がいない人」 5.3%)。
  • 「周囲に婚活サービスで恋人ができた人がいる人」の自身の婚活サービス利用経験割合は、「いない人」の割合の4.2倍(自身の利用経験割合:「婚活サービスで恋人ができた人がいる人」 24.3%/「恋人ができた人がいない人」 5.8%)。
  • 「周囲に婚活サービスで結婚できた人がいる人」の自身の婚活サービス利用経験割合は、「いない人」の割合の4.3倍(自身の利用経験割合:「婚活サービスで結婚できた人がいる人」 27.2%/「結婚できた人がいない人」 6.3%)。

婚活サービスに対するイメージと考え方

20代は他の年代より、婚活サービスに対しポジティブなイメージを持っている

  • 「婚活サービスで見つけた恋人とは、趣味や関心事が合いそうだ」と思う割合は、20代 37.6%、30代 25.7%、40代 29.4%。
  • 「今後、婚活サービスを利用する人は周りで増えていきそうだ」と思う割合は、20代 33.0%、30代 29.9%、40代 23.6%。
  • 「婚活サービスを利用すると概ね恋人を見つけることができる」と思う割合は、20代 26.6%、30代 14.6%、40代 18.0%。
  • 「婚活サービスでは、自分の理想の人に出会える」と思う割合は、20代 17.5%、30代 14.7%、40代 13.8%。

20代、30代にとって、婚活サービスはより身近なものになりつつある

  • 「婚活サービスを利用するのは、まだ自分には早い」と思う割合は、2016年調査と比較し、20代、30代で減少している(20代 47.2%(対2016年調査:-5.4pt)、30代 15.4%(同-4.2pt)、40代 12.0% (同2.7pt))。
  • 「婚活サービスを利用しなくても、結婚できる」と思う割合は、2016年調査と比較し、20代、30代で大きく減少している(20代 39.3%(対2016年調査:-6.8pt)、30代 23.3%(同-13.2pt)、40代 29.1%(同-4.0pt))。

調査データ・ダウンロード

ニュースリリース2017/07/12 更新

参考資料2016/06/23 更新

担当研究員の注目ポイント!
婚活サービスを通じての結婚が年々広がっている。2016年に結婚した人のうち、婚活サービスで出会った割合は1割超に。また、婚活サービス利用者が結婚につながった割合も高まっており、婚活サービスは結婚に向けて、より効率の良い手段になりつつあるのだ。
さらに、周囲に婚活サービス利用者や婚活サービス成功者がいると、自身も利用する割合が高いことも分かった。また、30代40代と比べ、20代の方が婚活サービスをポジティブにとらえている割合が高く、若年層にとっても身近な手段としてとらえられ始めている。それらを考慮すると、今後、ますます婚活サービスで結婚する人が一気に増えていく可能性も高く、日本の結婚へのアプローチ方法を大きく変えていくかもしれない。
落合 歩

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

お役立ちリンク集

人口について

日本の人口構造に
ついて知りたい①
国勢調査報告(総務省統計局)
性別・年齢別、国籍・配偶関係・世帯・教育程度等、就業状態・産業・職業社会経済分類、収入の種類、市区町村等の人口データ
日本の人口構造に
ついて知りたい②
住民基本台帳人口移動報告(総務省統計局)
市区町村が作成した性別・年齢別の人口、世帯数、1年間の人口動態データ
最新の人口分布を
知りたい
推計人口(総務省統計局)
国勢調査実施年以外の10月1日現在の年齢別、県別、性別の人口データ
日本の将来の人口と
推移を知りたい
将来推計人口データベース(国立社会保障人口問題研究所)
100年先までの日本の人口を都道府県別・市区町村別等の予測データ
人口に関する
様々なデータを知りたい
人口統計資料集(国立社会保障人口問題研究所)
人口に関する主なデータついて一覧掲載
世界の人口分布と
推移を知りたい
世界の統計(総務省統計局)
国連やWHOの統計に基づいた世界の人口データ

婚姻組数について

婚姻組数・再婚組数の
推移を詳しく知りたい
人口動態調査(厚生労働省)
婚姻・離婚等の組数データ。出生死亡等も扱う。
婚姻組数の長期的な
変遷とトピックスを知りたい
人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」(厚生労働省)
婚姻の動向についての分析結果
将来の婚姻組数の
予測が知りたい
婚姻組数予測(リクルート ブライダル総研)
ブライダル総研作成婚姻組数予測(2015年9月更新)

結婚と結婚生活について

夫婦の家庭での役割・
生活意識の変化を知りたい
家庭動向調査(国立社会保障・人口問題研究所)
家庭の出産、子育ての現状、家族関係の実態資料
結婚・出産・就業への動きを
属性別に知りたい
21世紀成年者縦断調査(国立社会保障・人口問題研究所)
結婚、出産、就業等の実態及び意識のトラッキング調査
男女の出会い~結婚~
出産の変遷を知りたい
出生動向基本調査(国立社会保障・人口問題研究所)
結婚と夫婦出生力の実状・背景の調査資料

消費動向について

時事の社会的テーマから
消費を読み解きたい
国民生活白書(内閣府)
内閣府が毎年1回まとめて発表する、国民生活全般についての動きや変化を分析した年次報告書

結婚式場運営について

個人サービス産業の
動向が知りたい
特定サービス産業動態統計調査(経済産業省)
結婚式場業の最新の売上高・取扱件数・従業員数等の調査結果
個人サービス産業の
主要指標を見たい
特定サービス産業実態調査(経済産業省)
結婚式場業の事業所数、就業者数、年間売上高等の調査結果
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。