リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

夫婦関係調査

2017年7月19日に、最新の調査結果をリリース!
そこから読み取れるマーケットやカスタマの変化について、担当研究員が解説します。

調査概要 全国の「未婚者かつ本人が初婚」および「離婚経験のある独身者(離婚経験1回)の20~60代男女を対象に、夫婦関係の満足度や夫婦関係に対する考え方など、結婚後の夫婦の意識と行動について把握できる調査です。
出典記入方法 「夫婦関係調査2017(リクルートブライダル総研調べ)」と必ず明記ください

夫婦の満足状況

夫婦関係に満足している割合は67.2%で、2015年調査から1.9ポイント減少。
特に30代妻が大幅に減少

  • 20代~60代の既婚者において、夫婦関係に満足している割合は67.2%で、2015年調査(69.2%)より1.9ポイント減少。
  • 妻は60代以外の年代が減少し、特に30代妻は13.9ポイント減少。

小学生以下の子どもの有無と夫婦の満足状況

夫婦関係の満足者割合において、小学生以下の子どもがいる妻の減少幅が最も大きい

  • 夫婦関係の満足者割合をみると、小学生以下の子どもがいる夫は63.3%(2015年調査 67.6%)、小学生以下の子どもがいない夫は73.2%(同70.4%)。一方で、小学生以下の子どもがいる妻は63.0%(2015年調査 71.8%)、小学生以下の子どもがいない妻は65.4%(同67.6%)

自分が行う家事の比率において、小学生以下の子どもがいる妻は、いない妻よりも、理想と現実の家事分担比率にギャップを感じている。一方で子育てのギャップには差はない

  • 夫婦の家事の分担比率をみると、小学生以下の子どもがいる妻は自分が家事全体の84.6%を負担し、いない妻は82.5%を負担していると思っている。また、家事分担比率の理想と現実のギャップは、小学生以下の子どもがいる妻は18.0ポイント(実際-理想)であり、いない妻は14.4ポイント。
  • 夫婦の子育ての分担比率をみると、小学生以下の子どもがいる妻は自分が子育て全体の77.7%を負担し、いない妻は72.8%を負担していると思っている。また、子育て分担比率の理想と現実のギャップは、小学生以下の子どもがいる妻は16.4ポイント(実際-理想)であり、いない妻は16.0ポイント。

小学生以下の子どもがいる妻において、「家庭に対する思いや意識のバランス」や「時間的ゆとり」「精神的ゆとり」が2015年調査から減少している

  • 「家庭に対する思いや意識は、夫婦でバランスがとれている」割合において、小学生以下の子どもがいる夫は55.4%(2015年調査 58.6%)、いない夫は61.9%(同61.0%)。小学生以下の子どもがいる妻は57.0%(2015年調査 62.4%)、いない妻は57.2%(同55.1%)。
  • 「普段の生活は、仕事や家事、学業など以外に、好きなことをしたり、休んだりする時間的ゆとりがある」割合は、小学生以下の子どもがいる夫は34.5%(2015年調査 33.1%)、いない夫は61.2%(同61.0%)、小学生以下の子どもがいる妻は 32.7%(同46.0%)、いない妻は73.5%(同71.4%)。
  • 「普段の生活において、精神的なゆとりがある」割合は、小学生以下の子どもがいる夫は39.8%(2015年調査 33.9%)、いない夫は50.1%(同50.5%)、小学生以下の子どもがいる妻は 34.8%(同40.6%)、いない妻は56.5%(同50.2%)。

夫婦のカタチの変化

20代・30代の夫は、結婚後「家事」を負担することを前提としている割合が高く、2015年調査から増加。夫の結婚後の家事負担に対する意識は高まっている

  • 結婚後の変化についての考え方において、夫が「(一般的に)家事の負担が増える」と思う割合は、20代49.6%(2017年調査ー2015年調査 6.0pt)、30代 47.1%(同11.3pt)、40代 37.4%(同3.9pt)、50代 35.4%(同0.3pt)、60代 37.2%(同2.9pt)。妻が「(一般的に)家事の負担が増える」と思う割合は、20代 64.5%(2017年調査ー2015年調査 -1.1pt)、30代 67.6%(同-5.7pt)、40代 74.0%(同1.6pt)、50代 67.1%(同3.1pt)、60代 73.1%(同1.3pt)。
担当研究員の注目ポイント!
既婚者の約7割は夫婦関係に満足しているという結果になった。一方で30代妻の満足している割合が前回調査より大幅に減少し、特に小学生以下の子どもがいる妻の減少が目立つ。これは、昨今の社会的な意識変化も大きな要因ではないかと考える。
結婚にむけて「家事負担が増える」という認識は、30代でみると夫で増え、妻が減少している。つまり、夫は「家事をやらねば」、妻は「家事の負担が減るのでは」という認識は少しずつ浸透している。いわゆる「イクメン」「ワークライフバランス」など社会的な意識醸成が背景としてありそうだ。
一方で、実際に小学生以下の子どもがいる妻においては「理想と実際」のギャップが大きく、そこが満足割合の低下につながっていそうだ。つまり、近年夫の家事への参加について「期待値」が高まっているが、「実際」がそれに追いついていないと言える。ただ、これはもう少し時間が経過し、「実際」が追いついてくると、満足の割合が一気に回復していくと考えられる。今がちょうど転換期なのかもしれない。
落合 歩

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

お役立ちリンク集

人口について

日本の人口構造に
ついて知りたい①
国勢調査報告(総務省統計局)
性別・年齢別、国籍・配偶関係・世帯・教育程度等、就業状態・産業・職業社会経済分類、収入の種類、市区町村等の人口データ
日本の人口構造に
ついて知りたい②
住民基本台帳人口移動報告(総務省統計局)
市区町村が作成した性別・年齢別の人口、世帯数、1年間の人口動態データ
最新の人口分布を
知りたい
推計人口(総務省統計局)
国勢調査実施年以外の10月1日現在の年齢別、県別、性別の人口データ
日本の将来の人口と
推移を知りたい
将来推計人口データベース(国立社会保障人口問題研究所)
100年先までの日本の人口を都道府県別・市区町村別等の予測データ
人口に関する
様々なデータを知りたい
人口統計資料集(国立社会保障人口問題研究所)
人口に関する主なデータついて一覧掲載
世界の人口分布と
推移を知りたい
世界の統計(総務省統計局)
国連やWHOの統計に基づいた世界の人口データ

婚姻組数について

婚姻組数・再婚組数の
推移を詳しく知りたい
人口動態調査(厚生労働省)
婚姻・離婚等の組数データ。出生死亡等も扱う。
婚姻組数の長期的な
変遷とトピックスを知りたい
人口動態統計特殊報告「婚姻に関する統計」(厚生労働省)
婚姻の動向についての分析結果
将来の婚姻組数の
予測が知りたい
婚姻組数予測(リクルート ブライダル総研)
ブライダル総研作成婚姻組数予測(2015年9月更新)

結婚と結婚生活について

夫婦の家庭での役割・
生活意識の変化を知りたい
家庭動向調査(国立社会保障・人口問題研究所)
家庭の出産、子育ての現状、家族関係の実態資料
結婚・出産・就業への動きを
属性別に知りたい
21世紀成年者縦断調査(国立社会保障・人口問題研究所)
結婚、出産、就業等の実態及び意識のトラッキング調査
男女の出会い~結婚~
出産の変遷を知りたい
出生動向基本調査(国立社会保障・人口問題研究所)
結婚と夫婦出生力の実状・背景の調査資料

消費動向について

時事の社会的テーマから
消費を読み解きたい
国民生活白書(内閣府)
内閣府が毎年1回まとめて発表する、国民生活全般についての動きや変化を分析した年次報告書

結婚式場運営について

個人サービス産業の
動向が知りたい
特定サービス産業動態統計調査(経済産業省)
結婚式場業の最新の売上高・取扱件数・従業員数等の調査結果
個人サービス産業の
主要指標を見たい
特定サービス産業実態調査(経済産業省)
結婚式場業の事業所数、就業者数、年間売上高等の調査結果
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。