リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

「男女の友情は成り立つ」と思う人は、男性44.6%、女性57.9%。

 株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)が運営するブライダル総研では、20代~40代の未婚男女2478人に『男女間の友情に関するアンケート』を実施しましたので、その結果をご報告いたします。

① 「男女の友情が成り立つ」と思う人、男性44.6%、女性57.9%。

20代~40代の未婚の男女2,478人に、“男女の友情は成り立つと思うか”を聞いたところ、「男女の友情は成り立つ」と思う人(「非常にあてはまる」+「ややあてはまる」計)は、男性では44.6%、女性では57.9%と、男性よりも女性の方が「男女の友情が成り立つ」と思う人の割合が高いことがわかりました。

また、年代別に見てみると、男女ともに20代では30代以上よりも「男女の友情は成り立つ」と思う人が多いようです。

120920_1


② 「男女の友情が成り立たない」と思う人、男性では年齢を重ねるごとに増加。


一方、「男女の友情は成り立たない」と思う人(「あまりあてはまらない」+「まったくあてはまらない」計)は、男性で21.7%、女性で16.6%と男性の方が割合が高くなっています。

年代別では、男性は年齢を重ねるごとに「男女の友情が成り立たない」と思う人が増えるのに対し、女性は逆の傾向で年齢を重ねるごとに「男女の友情が成り立たない」と思う人が減るようです。

120920_2_1 120920_2_2

③ 女性では、男女の友情が成り立つと思うか思わないで恋人の有無に違い有り。

また“男女の友情が成り立つと思うか思わないか”によって、恋人の有無に違いがあるかを見てみると、男性では大きな差が見られないものの、女性では「男女の友情が成り立つ」と思う人で「恋人がいる」人が38.4%なのに対し、「男女の友情が成り立たない」と思う人で「恋人がいる」人が47.8%と、「男女の友情が成り立たない」と思っている人の方が恋人がいる割合が高いようです。

120920_3

◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→soukenRN_120920.pdfをダウンロード 
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「リクルート ブライダル総研調べ」と明記いただけますようお願い申し上げます。また、ご使用に際してこちら「リクルート広報窓口」までご一報ください

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。