リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

海外挙式でのパーティ・会食にはいくらかかる?
08年より減少するも、11年より増加。現地でのパーティ・会食費用は平均20.0万円

挙式海外ウエディング調査

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 冨塚 優)が企画運営する結婚情報誌『ゼクシィ』では、海外挙式の状況について詳細に把握するために、「海外ウエディング調査」を首都圏、東海、関西の3地域で実施しました。ここに、調査結果の要旨をご報告いたします。

◆08年より減少するも、11年より増加。現地でのパーティ・会食費用は平均20.0万円

 海外ウエディングといえば、チャペルや教会での挙式のイメージが強いと思いますが、「披露宴・披露パーティ」のようなイベントの実施状況はどうなのでしょうか。
 『海外ウエディング調査2014』にて、2013年1月~2013年12月の間に結婚をした首都圏・東海・関西のカップルに、現地でのパーティ・会食の実施状況について調査しました。


【現地でのパーティ・会食の実施状況(全体)】 
 ・行った      84.8%
  ・行わなかった   15.2%

【現地でのパーティ・会食の実施場所(パーティ・会食の実施者/上位3項目)】
 ・挙式会場に隣接しているパーティ会場     42.3%
 ・ホテル内のレストランや
      披露パーティ会場、ガーデン        37.7%
 ・ホテル以外のレストラン                15.7%

 海外ウエディングを行ったカップルの8割以上が、ゲストを招いた現地でのパーティを実施していることが分かりました。
 また、実施場所をみると、「挙式会場に隣接しているパーティ会場」で実施しているカップルが最も多く、4割以上を占めていました。
 
 では、現地でのパーティ費用はどのくらいかかるのでしょうか。

 


【現地でのパーティ・会食の費用(パーティ・会食の実施者のうち、金額回答者)】
  平均 20.0万円
    (08年 18.9万円/09年 18.3万円/10年 17.8万円/11年 17.0万円/12年 17.7万円/13年 19.8万円 )

【現地でのパーティ・会食の出席者数(パーティ・会食の実施者のうち、人数回答者)】
  平均 11.0人
   (08年 10.5人/09年 10.5人/10年 10.5人/11年 10.8人/12年 10.3人/13年10.6人)

 現地でのパーティ・会食の費用は平均20.0万円で、08年からは減少傾向にありましたが、11年より増加しており、ここ7年で最高額となりました。また、出席者数は平均11.0人でした。
 


 海外挙式でも、カップルは駆けつけてくれた親・親族や親しい友人に、おいしい料理をふるまうなど、思い出に残る特別な時間を過ごしているようです。




◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→19SRN141008.pdfをダウンロード
◆「海外ウエディング調査2014」の詳細はこちらをご覧ください→海外ウエディング調査2014をダウンロード
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「ゼクシィ 海外ウエディング調査2014調べ」と明記いただけますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際してこちら「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

最新記事
カテゴリで探す
ハネムーン(7)
ブライダルエステ(プレケア)(3)
プロポーズ(6)
二次会(4)
夫婦・結婚生活(19)
少子化に関するレポート(4)
恋愛(34)
披露宴(50)
挙式(51)
新生活(30)
結婚観(24)
結納・入籍(13)
調査で探す
婚姻組数予測
恋愛・婚活
結婚・結婚式
夫婦・家族
月別で探す
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。