リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

『夫婦関係調査2015』発表!

夫婦・結婚生活夫婦関係調査

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 山口 文洋)が運営するリクルートブライダル総研では、夫婦関係の状況について詳細を把握するために、「夫婦関係調査2015」を実施しました。ここに、調査結果の要旨をご報告いたします

約7割が夫婦関係に満足。
夫は「会話」の回数、妻は「一緒に趣味を楽しむ」回数で満足度が変化。
さらに、若年の妻にとっては「夫の育児・家事参加」がポイントに。
また、「結婚時のセレモニー」は結婚後の夫婦関係に影響する

<夫婦の満足状況と経年変化>
夫婦関係に満足している割合は約7割。2012年と比べ、夫は減少、妻は微増
✔20代~60代既婚者において、夫婦関係に満足している割合は69.2%で2012年(71.4%)より2.2ポイント減少。
✔夫は全年代で減少。妻は30代、40代 、50代で増加、20代、60代で減少し、妻全体では微増となった。

夫婦の状況において、夫は2012年と比較し、多くの項目で減少し、妻は多くの項目で増加している
✔夫婦の状況において、夫が増加したのは2項目(「配偶者と一緒にいると、緊張したり、気が重たくなる」「配偶者との性生活に満足している」)のみで、多くの項目が減少。特に減少したのは、「大切な、かけがえのない絆がある」「配偶者に日常の出来事などを普段からよく話している」「将来の夢や計画について話し合っている」。
✔妻は、夫よりも多くの項目が増加し、特に増加したのは、「配偶者との性生活に満足している」「コミュニケーションは十分にとれている」「配偶者に自分の考えや悩みについてもよく話している」。また、減少した項目もあり、特に減少したのは、「大切な、かけがえのない絆がある」「配偶者はよい父親だ」「配偶者の心配事や悩みを聞いている」。

<満足度別夫婦の行動>
夫婦関係の満足度が高い夫は「夫婦間の会話」の回数、妻は「一緒に趣味を楽しむ」回数が多い。若年の妻にとっては「夫の育児・家事への参加」がポイントに
✔夫婦満足度が高い夫は、非満足の夫に比べて「1時間以上の夫婦2人での会話」または「1時間以上の家族(夫婦)との会話」の回数が、全年代を通じて多い。
✔夫婦満足度が高い妻は、非満足の妻に比べて「夫婦2人で、仕事の後や休日に一緒に遊んだり、趣味を楽しむ」または「家族(夫婦)で、仕事の後や休日に一緒に遊んだり、趣味を楽しむ」回数が全年代を通じて多い。加えて、若年層の満足度が高い妻は「夫の育児参加」や「夫の家事参加」の回数が、非満足の妻に比べて多い。

<離婚の検討経験>
「別居、離婚をしたい」と思ったことがある夫は16.1%に対し、妻は27.0%
✔「別居・離婚をしたいと思ったことがある」は既婚者全体で21.7%
✔夫・妻別でみると妻の方が離婚を考えたことがある人が多い(夫16.1%/妻27.0%)

<結婚前に話し合った内容と結婚に関するセレモニー実施状況>
離婚者は結婚前に「結婚に関するセレモニー」について話し合った割合が低く、さらに、実施する割合も低い
※既婚者:初婚の既婚者、離婚者:離婚経験のある独身者
✔結婚する前に話し合った内容において、「既婚者」と「離婚者」のさが大きい項目 (既婚者-離婚者のポイント差)は「新婚旅行について(13.6pt)」「婚約指輪・結婚指輪について(11.0pt)」「子どものことについて(9.9pt)」「結婚式について(9.5pt)」。
✔結婚に関するセレモニーにおいて、「既婚者」と「離婚者」の差が大きい上位5項目(既婚者-離婚者のポイント差)は、「新婚旅行(16.2pt)」「プロポーズがあった(14.8pt)」「婚約指輪を購入、またはもらった(14.6pt)」「挙式(13.0pt)」「結納(12.8pt)」



◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→「夫婦関係調査2015(PDF)」をダウンロード
◆過去の夫婦関係調査のリリースについてはこちらをご覧ください→ 「夫婦関係調査」
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「夫婦関係調査2015(リクルートブライダル総研調べ)」と明記いただきますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際してこちら「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。