リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

【結婚総合意識調査2015】発表!

披露宴挙式結婚総合意識調査結婚観

◆約7割が結婚式を実施(実施決定含む) ◆「結婚式は親孝行になる」の上昇、 「段...

◆約7割が結婚式を実施(実施決定含む)
◆「結婚式は親孝行になる」の上昇、 「段取りや準備をするのは楽しい」の減少が結婚式観において大きな変化
※結婚式とは、挙式または披露宴・披露パーティ

<結婚式の実施率>
結婚式の実施率は69.0%
✔ 挙式と披露宴・披露パーティ両方の実施率:58.9%、挙式のみ実施率:9.3%、披露宴・披露パーティのみ実施率:0.8%で69.0%が結婚式を実施。
✔ 挙式の実施率は68.2%。披露宴・披露パーティの実施率は59.7%。
✔ 比較的実施率の低い「40代」、「再婚」、「妊娠」といった層において、いずれも挙式の実施率が前年調査より上昇。
※実施率には、すべて「時期・内容をほぼ決定」を含む

<結婚式観>
結婚式観で最も高いのは「結婚式は素敵」。前年調査より「結婚式は親孝行になる」の上昇、「段取りや準備をするのは楽しい」の減少が大きな変化
✔ 結婚式観の上位3項目は「素敵だ」:66.9%、「段取りや準備は面倒」:66.7%、「行うことは、親孝行になる」:65.9%。
✔ 前年調査からの変化でみると「行うことは、親孝行になる」(14年調査57.7%→15年調査65.9%)、「段取りや準備をするのは楽しい」(14年調査41.1%→15年調査35.5%)、 「みんなから注目されるのは嫌だ」 (14年調査32.6%→15年調査37.8%)が大きな変化となった。
※2015年調査より「[結婚式を]立派に行うことは,親孝行になる」から「[結婚式を]行うことは,親孝行になる」に変更

<結婚による変化>
結婚による生活の変化をみると、「家族としての絆が得られる」「好きな人と一緒にいられてうれしい」「精神的安定が得られる」が男女共通の3大要素である。一方、男女の違いをみると、「家事の負担が増える」が大きな差になっている
✔ 結婚による生活の変化は、「家族としての絆が得られる」:男性78.8%/女性86.7%、「好きな人と一緒にいられてうれしい」:男性75.7%/女性83.7%、「精神的安定が得られる」:男性75.3%/女性81.5%。
✔ 男女差の大きい項目は「家事の負担が増える」:男性36.3%/女性66.3%。


◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください→ 「結婚総合意識調査2015」
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「結婚総合意識調査2015(リクルートブライダル総研調べ)」と明記いただきますよう お願い申し上げます。
◆また、ご使用に際してこちら「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください



データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。