リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

【結婚総合意識調査2016】リリース発表!

結婚総合意識調査結婚観

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 山口 文洋)が運営するリクルートブライダル総研では、結婚や結婚式について詳細を把握するために、「結婚総合意識調査2016」を実施しました。ここに、調査結果の要旨をご報告いたします。

◆結婚式(※)の実施率(※※)は68.0%
◆結婚すると男性は「経済的安定」、女性は「時間的余裕」が生まれると考える割合が増加。結婚生活で得られることに変化の兆し

※結婚式とは、挙式または披露宴・披露パーティ
※※実施率:「実施した」+「これから実施する予定(時期・内容ほぼ決定)」

<結婚式の実施率>
結婚式の実施率は68.0%
✔ 挙式と披露宴・披露パーティ両方の実施率:57.7%、挙式のみ実施率:9.3%、披露宴・披露パーティのみ実施率:1.0%で68.0%が結婚式を実施。
✔ 挙式の実施率は67.0%。披露宴・披露パーティの実施率は58.7%。

「20代」の披露宴・披露パーティの実施率が増加
✔ 年代別挙式実施率:20代 75.5%(2015年調査 74.3%⇒1.2ポイント増加)
✔ 年代別披露宴・披露パーティ実施率:20代 70.1%(2015年調査 67.2%⇒2.9ポイント増加)

「再婚層」「妊娠層」の挙式の実施率は約4割
✔ 初再婚別挙式実施率:どちらか一方または両方再婚 44.7%、披露宴・披露パーティ実施率:(同)35.0%
✔ 妊娠状況別挙式実施率:(結婚を決めた当時)妊娠していた 39.7%、披露宴・披露パーティ実施率:(同)38.5%


<結婚式に対する考え方>
結婚式に対する考え方において、披露宴・披露パーティ実施者は「素敵」「感動」「親孝行」が高く、非実施者は「面倒」「お金がもったいない」が高い
✔ 結婚式に対する考え方において、披露宴・披露パーティ実施者の上位3項目は「素敵だ」「感動する」「行うことは、親孝行になる」
✔ 結婚式に対する考え方において、披露宴・披露パーティ非実施者の上位3項目は「段取りや準備は面倒」「招待客として誰を呼ぶ・呼ばないの線引き(選択)することが面倒だ」「お金がもったいない」

<結婚後の生活の変化>
結婚すると男性は「経済的安定」、女性は「時間的余裕」が生まれると考える割合が増加
✔男性の結婚してどのように生活が変化したかにおいて、前年調査と比較し増加が大きい上位3項目は「経済的に安定する」「やりたいことが自由にできる」「親戚づきあいなどが増えて面倒だ」
✔女性の結婚してどのように生活が変化したかにおいて、前年調査と比較し増加が大きい上位3項目は「やりたいことが自由にできる」「子育てに苦労する」 「やりたい仕事ができる」



◆「結婚総合意識調査」のリリース・報告書はこちらを御覧ください⇒ 「結婚総合意識調査2016
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「結婚総合意識調査2016(リクルートブライダル総研調べ)」と明記いただきますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。