リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

【婚活実態調査2017】発表!

婚活実態調査結婚観

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 山口 文洋)が運営するリクルートブライダル総研では、婚活の実態について詳細を把握するために、「婚活実態調査2017」を実施しました。ここに、調査結果の要旨をご報告いたします。

2016年に結婚した人の11.3%が婚活サービス(※)で結婚
婚活サービスを使った結婚が広がりつつある

・2016年に結婚した人の11.3%は婚活サービスで相手を見つけており、年々増加傾向。それを婚活サービス利用者に限ってみると39.4%になる。婚活サービスを使った結婚が広がりつつある
・周囲に婚活サービスの利用経験者がいる人のほうが、自身の婚活サービス利用経験割合が高くなる
・20代は他の年代に比べ、婚活サービスに対してポジティブなイメージを持ち、より身近なものになりつつある



2016年に結婚した人の11.3%は婚活サービスで相手を見つけており、年々増加傾向。それを婚活サービス利用者に限ってみると39.4%になる。婚活サービスを使った結婚が広がりつつある

・婚活サービスによって結婚した人の割合(婚姻年別)
 既婚者ベース:4.7%(2013年)→6.7%(2014年)→8.3%(2015年)→11.3%(2016年)
 婚活サービスを利用した既婚者ベース:20.8% (2013年)→23.8%(2014年)→27.6%(2015年)→39.4%(2016年)
・広義の婚活実施(利用)者において、結婚に至った割合は、婚活サービスが上位となっている(「結婚相談所(2015年 17.0%→2016年 25.3%)」「恋活サイト・アプリ(同8.4%→20.5%)」「婚活パーティ・イベントに参加(同12.0%→18.7%)」「婚活サイト・アプリ(同15.1%→17.2%)」)。

周囲に婚活サービスで成功した人がいる人は、いない人に比べ自身でも婚活サービスを利用したことがある割合が高い。周囲の婚活サービス利用状況と自身の利用経験は関係する
・「周囲に婚活サービス利用経験者がいる人」の自身の婚活サービス利用経験割合は、「いない人」の割合の3.8倍
(自身の利用経験割合:「利用経験者がいる人」 20.3%/「利用経験者がいない人」 5.3%)。
・「周囲に婚活サービスで恋人ができた人がいる人」の自身の婚活サービス利用経験割合は、「いない人」の割合の4.2倍
(自身の利用経験割合:「婚活サービスで恋人ができた人がいる人」 24.3%/「恋人ができた人がいない人」 5.8%)。
・「周囲に婚活サービスで結婚できた人がいる人」の自身の婚活サービス利用経験割合は、「いない人」の割合の4.3倍
(自身の利用経験割合:「婚活サービスで結婚できた人がいる人」 27.2%/「結婚できた人がいない人」 6.3%)。


20代は他の年代より、婚活サービスに対しポジティブなイメージを持っている
・「婚活サービスで見つけた恋人とは、趣味や関心事が合いそうだ」と思う割合は、20代 37.6%、30代 25.7%、40代 29.4%。
・「今後、婚活サービスを利用する人は周りで増えていきそうだ」と思う割合は、20代 33.0%、30代 29.9%、40代 23.6%。
・「婚活サービスを利用すると概ね恋人を見つけることができる」と思う割合は、20代 26.6%、30代 14.6%、40代 18.0%。
・「婚活サービスでは、自分の理想の人に出会える」と思う割合は、20代 17.5%、30代 14.7%、40代 13.8%。


20代、30代にとって、婚活サービスはより身近なものになりつつある

・「婚活サービスを利用するのは、まだ自分には早い」と思う割合は、2016年調査と比較し、20代、30代で減少している(20代 47.2%(対2016年調査:-5.4pt)、30代 15.4%(同-4.2pt)、40代 12.0% (同2.7pt))。
・「婚活サービスを利用しなくても、結婚できる」と思う割合は、2016年調査と比較し、20代、30代で大きく減少している(20代 39.3%(対2016年調査:-6.8pt)、30代 23.3%(同-13.2pt)、40代 29.1%(同-4.0pt))。



◆グラフ、詳細はこちらをご覧ください→婚活実態調査2017
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「婚活実態調査2017(リクルートブライダル総研調べ)」と明記いただきますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。