リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

男性は女性をリードすべき?
変化する男女観

恋愛恋愛・婚活・結婚調査自律的出会いの提言レポート

男女の役割意識が変化しつつある 「恋愛・結婚調査2017」にて、20代~40代の...

男女の役割意識が変化しつつある
「恋愛・結婚調査2017」にて、20代~40代の未婚者に対し、「男女観」について分析しました。

【男女に対する考え方(20代~40代未婚者/「そう思う」「非常にそう思う」計)】
・男は強くあるべきだと思う   :39.1%(14年 44.4% 5.3pt減)
・男は女をリードするものだと思う:32.5%(14年 37.5% 5.0pt減) 
・男は女を守るものだと思う   :43.7%(14年 48.4% 4.6pt減) 

 男女に対する考え方についてみると、男性は「強くあるべき」「リードするもの」「守るもの」など、従来考えられていた「男女のあるべき役割」に関する項目が減少していることが分かりました。



20
代は
の年代よりも減少幅が大きい

さらに、男女に対する考え方を年代別でも分析しました。

【男女に対する考え方(20代~40代未婚者/「そう思う」「非常にそう思う」計)】
<男は強くあるべきだと思う>
 20代 39.3%(14年 47.3% 8.0pt減)
 30代 39.8%(14年 42.1% 2.2pt減)
 40代 37.6%(14年 39.4% 1.8pt減)

<男は女をリードするものだと思う>
 20代 36.6%(14年 41.4% 4.8pt減)
 30代 29.6%(14年 35.1% 5.4pt減)
 40代 27.0%(14年 30.2% 3.2pt減)

<男は女を守るものだと思う>
 20代 44.2%(14年 50.4% 6.1pt減)
 30代 43.5%(14年 47.9% 4.4pt減)
 40代 42.8%(14年 43.0% 0.2pt減)

 男女に対する考え方を年代別にみると、20代は30代・40代と比較し、減少幅が大きく、若年層の意識変化が特に大きいことがみてとれます。

 「男性はこうであるべき」「女性はこうであるべき」といった意識が希薄化し、従来型の交際形態が変化しつつあるようです。


◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください⇒「男性は女性をリードすべき?」
◆「自律的出会いの提言レポート」はこちらを御覧ください⇒ 「自律的出会いの提言レポート2017
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「恋愛・結婚調査2017(リクルートブライダル総研調べ)」と明記いただきますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください


データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。