リクルートブライダル総研は、結婚に関する調査・研究、未来への提言を通じて、マーケットの拡大と社会課題の解決に取り組みます。

親子関係と結婚意向の関係性
結婚意向が高い人ほど親とのコミュニケーションが密接

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都中央区 代表取締役社長 山口 文洋)が運営する調査・研究組織のブライダル総研より、「恋愛・結婚調査2017」に関する分析をお伝えします。

結婚意向がある人は親と日常的にコミュニケーションをとる割合が高い 
「恋愛・結婚調査2017」にて、20~40代未婚者に対し、「結婚と親子関係」について調査しました。

【親との関係性_結婚意向がある人が高い項目上位3つ(20~40代未婚者/結婚意向の有無別)】

<現在親と同居している>
2

<現在親と同居していない>3
 結婚意向別に親との関係をみると、親との同居状況によって、方法は違いますが、結婚意向がある人の方が、日常的にコミュニケーションをとっていることが分かりました。加えて言うと、「特にあてはまらない」は結婚意向が無い人の方が高いこともわかっています。親との関係性と本人の結婚意向は関係が深いようです。




結婚意向と親子関係は、年代が若い人ほど関係が深い 

さらに、年代別にも「結婚と親子関係」について調査しました。

【親との関係性_結婚意向がある人が高い項目上位3つ(20~40代未婚者/結婚意向の有無別)】

<現在親と同居している>
10

<現在親と同居していない>12
 年代別にみると、「日常会話」や「連絡」「一緒の時間を過ごす」など、日常の行動において、結婚意向がある人とない人の差が、年代が若い人の方が大きいことが分かりました。親との関係性と結婚意向は、特に年代が若い人の方に影響するようです。

 親との同居の状況に関係なく、親と日常的にコミュニケーションをとることで、親と良好な関係を築き、家族の良さを実感することで、結婚意向の醸成につながっていると考えられます。


◆グラフ、詳細はこちらを御覧ください⇒「親子関係と結婚意向の関係性」
◆「自律的出会いの提言レポート」はこちらを御覧ください⇒ 「自律的出会いの提言レポート2017
◆出版・印刷物へデータを転載する際には、「恋愛・結婚調査2017(リクルートブライダル総研調べ)」と明記いただきますよう お願い申し上げます。 また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください

データご利用の際の注意点

出典元を明記していただければ、基本的にご利用いただけます。出典元の記載方法についてはこちらをご覧ください。また、ご使用に際して「リクルートマーケティングパートナーズ広報窓口」までご一報ください。

About us ブライダル総研について
「リクルート ブライダル総研」は、恋愛、結婚、家庭生活全般に関する調査・研究、未来への提言を通じて、ブライダルマーケットの発展と社会課題の解決に貢献することを目的として活動しています。